FOLLOW US

富士山9合目で試合…ブラジルの強豪がボリビアの“地の利”に沈む

試合が行われたエスタディオ・エルナンド・シレスは海抜は3,577mに位置する [写真]=Getty Images

 南米最強のクラブチームを決める大会であるコパ・リベルタドーレスが17日に開幕。ボリビアの首都ラ・パスで行われた「ザ・ストロンゲスト×インテルナシオナウ」は、ザ・ストロンゲストが勝利を収めた。

 富士山の9合目(標高3,600m)に相当する高地ラ・パス(標高3,593m)で行われた試合は、地の利を生かしたザ・ストロンゲストが優位に試合を進める。まずは11分、慎重にパスをつないで左サイドを崩すと、ペナルティエリアでエルネスト・クリスタルドがシュート。キーパーが両手で弾いたが、こぼれ球をアレハンドロ・チュマセーロが左足でゴールへ押し込み、ザ・ストロンゲストが先制した。

 15分にはチュマセーロ、ベイサーガとつないだボールをペナルティエリアでトラップしたロドリゴ・ラマージョがシュートを決めて、ザ・ストロンゲストが2-0とした。

 後半、インテルナシオナウは47分に相手のハンドで得たPKをアンドレス・ダレッサンドロが難なく決めて1点差に詰め寄る。だがその後の決定機をものにできずにいると、終盤にザ・ストロンゲストがトドメを刺した。85分、右サイドからのパスを足元で受けたパブロ・エスコバルがスルーパスを出すと、最終ラインの裏へ抜け出したアレハンドロ・チュマセーロがキーパーを振り切って無人のゴールへボールを流し込んだ。

 インテルナシオナウは前半のうちにブラジル代表MFアンデルソンがベンチに下がると、終了間際にはFWニウマールにレッドカードが出されるなどちぐはぐさが目についた。

【スコア】
ザ・ストロンゲスト 3-1 インテルナシオナウ

【得点者】
1-0 11分 アレハンドロ・チュマセーロ(ザ・ストロンゲスト)
2-0 15分 ロドリゴ・ラマージョ(ザ・ストロンゲスト)
2-1 49分 アンドレス・ダレッサンドロ(インテルナシオナウ)
3-1 85分 アレハンドロ・チュマセーロ(ザ・ストロンゲスト)

(記事/Cartao Amarelo)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO