2015.02.14

危機感が募るレアル、好相性のデポルと得意のホームで自信を回復できるか?

ダービーで衝撃的な大敗を喫したレアルは得意のデポルと対戦する [写真]=Getty Images

 前節はアウェーで地元ライバルのアトレティコ・マドリードに完敗(0-4)したレアル・マドリード。通算18勝4敗として首位の座こそ守ったものの、2位バルセロナに1ポイント差、3位アトレティコに4ポイント差に迫れられた。精神的に多大なショックを受けたチームは、同試合ではMFサミ・ケディラ、週が明けてからはDFファビオ・コエントランが相次ぎ負傷。ただでさえ故障者が多い中、戦力的にも更なるダメージを負った。

 ローテーションを採用する余裕が殆どない現状だが、今節はMFケディラの不在はMFアシエル・イジャラメンディが埋めると見られている一方、冬の移籍市場で加入したMFルーカス・シウヴァのデビューにも期待が寄せられている。また、アトレティコ戦の1失点目の責任が問われているGKイケル・カシージャスに代わり、GKケイラー・ナバスが起用される可能性も囁かれている。

 一方、前節はホームでエイバルに完封勝利(2-0)を収めたデポルティーボ。今シーズン初の連勝により通算6勝6分10敗としたチームは、14位から11位にジャンプアップした。とはいえ、8位エイバルまで3ポイント差と更なる順位上昇が見込める位置に着けているものの、降格圏内の18位レバンテまでも5ポイント差と、気が抜けない状況に変わりはない。今節は、出場停止のDFパブロ・インスアの代わりにMFアレックス・ベルガンティーニョスが入ると見込まれている以外、前節と同様のメンバーが予想されている。

 ダービーの衝撃的な大敗に危機感が募るレアルとしては、前半戦の対戦で驚異的なゴールラッシュで大勝(8-2)したデポルティーボを相手に、得意のホームゲームで自信を回復できるような内容の勝利を収めたいところ。一方、3連勝が懸かるものの引き分けでも十分のデポルティーボは、レアル相手に無失点で試合を乗り切るのは至難の業だけに、ここ3試合連続で2ゴールを挙げている攻撃陣に期待したい。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る