2015.01.31

C・ロナウド不在のレアル、前半戦で敗れたソシエダにリベンジなるか

ベイル,ベラ
レアルはホームでR・ソシエダとの強豪対決に臨む [写真]=Getty Images

 前節は昇格組との対戦となった両チーム。レアル・マドリードはアウェーでコルドバに勝利(2‐1)し、通算16勝3敗として2位バルセロナと1ポイント差の首位の座を守った。一方、レアル・ソシエダはホームでエイバルに勝利(1‐0)し、通算5勝7分8敗として12位から11位に上昇した。今シーズンは順位には大きな開きがある両者だが、昨シーズンの上位同士であるうえ、前半戦の対戦ではソシエダがホームでレアルに大逆転勝ち(4‐2)を収めており、興味深い再戦となる。

 リーグ戦3連勝を達成したレアルだが、ここに来てMFルカ・モドリッチの長期離脱の影響が色濃く出ており、クリスマス休暇前まで見せていたような圧倒的な内容での勝利はない。そのうえ今節からの2試合は、コルドバ戦で一発退場処分を受けたFWクリスティアーノ・ロナウドが出場停止となるため、メンバー的にも厳しい。ここまでローテーションを殆ど採用せずに戦ってきたが、前半戦のリベンジが懸かった今節はチームとしての底力が問われる。また、そんな苦しい状況の中で強豪との連戦を迎えるうえ、相手はソシエダ、セビージャ、アトレティコ・マドリードと難易度が段々と増していくだけに、大幅なパフォーマンス向上が求められる。

 一方、今シーズンまだ1度も連勝がないR・ソシエダは、昨シーズンのような機能的なプレーは取り戻せていないものの、昨年11月にデイヴィッド・モイーズ監督が新指揮官に就任して以降は大味な試合は殆どなくなっている。それゆえ、レアル戦の連勝が懸かった今節だが、6ゴールが乱れ飛んだ前回の対戦よりもバルセロナを撃破(1‐0)した1カ月前の一戦のような守備力を前面に押し出した戦いを目指すことになりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る