2015.01.28

モウリーニョ、ジエゴ・コスタの踏みつけ行為を擁護「足が当たっただけ」

ジエゴ・コスタ
D・コスタ(左)に足を踏まれ激高するカン(右) [写真]=Getty Images

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は27日に行われたキャピタル・ワン・カップ準決勝のリヴァプール戦で、対戦相手の足を2回、踏んだジエゴ・コスタを援護した。

 この試合で、ジエゴ・コスタはリヴァプールのMFエムレ・カンとDFマルティン・シュクルテルの足を踏み、さらにスティーヴン・ジェラードと小競り合いを展開。この行為について試合の解説をしていたティエリ・アンリ氏とジェイミー・レドナップ氏がジエゴ・コスタの行為を激しく非難していた。

 しかし、モウリーニョ監督はジエゴ・コスタを援護している。

「足を踏むということをどう理解しているのか分からない。私をトラブルに巻き込んだ言葉を使うが、テレビの解説者がコスタのやったことは“犯罪”だと言うキャンペーンを行ったのだから、今回は処分を受けないだろう」

「足を踏んだのは偶然だ。コスタはボールを追い掛けていたんだ。対戦相手は倒れていた。両者がぶつかって、コスタの足が当たっただけだよ。彼はボールを見ていたんだからね」

 FA(イングランドサッカー協会)が遡及的処罰を取ると決定した場合は、ジエゴ・コスタはマンチェスター・Cとの頂上決戦に出場できなくなる可能性がある。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る