2015.01.18

[リーガ第18節 A・マドリード vs グラナダ]二大巨頭との対戦が連続するアトレティコ、最下位グラナダを迎える

アトレティコ・マドリード
アトレティコは最下位グラナダをホームに迎える [写真]=Getty Images

 この1週間はリーガの二大巨頭とアウェーで対戦したアトレティコ・マドリード。前節は勝ち点で並ぶバルセロナに黒星(1‐3)を喫し、通算12勝2分4敗となり2位浮上を逃した。だが、コパ・デル・レイではレアル・マドリードとドロー(2‐2)を演じ、1stレグのリード(2‐0)を守ってベスト8入り。バルセロナ戦で垣間見せた不安を一蹴した。

 地元の宿敵撃破に沸くチームだが、リーガでは首位レアルが4ポイント差に遠退いたうえ、4位セビージャに2ポイント差に迫られ、コパ・デル・レイでは準々決勝でバルセロナと再び顔を合わせるなど、両大会での戦いは一段と厳しくなっている。

 一方、この1週間は強敵との連戦となったグラナダは、前節はホームでレアル・ソシエダとドロー(1‐1)止まり。ここ14試合で6分8敗と4カ月間未勝利のチームは、通算2勝8分8敗で19位から最下位に転落した。また、コパ・デル・レイでもアウェーでセビージャに大敗(0‐4)し、1st Leg(1‐2)から2連敗で敗退が決定。故障者や状態に不安のある選手を大量に抱えるチームは、極度の不振から抜け出す糸口をつかめずにいる。

 バルセロナ戦およびレアル戦ではカウンターに活路を見出したアトレティコだが、あらゆる要素で圧倒的に優位に立つ今回の試合では逆にボールを支配する展開が予想されるだけに、引いた相手をどのように崩すかが勝利の鍵を握るだろう。また、コパでのバルセロナとの再戦に向け、どの程度主力を温存できるかにも注目したい。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る