FOLLOW US

泥沼6連敗のセルタ…極度の不振に指揮官が選手に「歯を食いしばれ!」

セルタのベリッソ監督は不振に陥るチームを鼓舞した [写真]=Getty Images

 現在、リーガ・エスパニョーラにおいて、降格圏内に沈むチーム以上に極度の不振に陥っているのがセルタだろう。

 序盤は好調をキープし、第10節にはアウェーでバルセロナを撃破したセルタ。ところが、チームは大金星にかえって調子を乱したのか、第11節ではホームで格下のグラナダと引き分けると、以降は泥沼の6連敗。順位こそ6位から9位への後退に止まっているものの、それまでキープしていたヨーロッパリーグ出場圏内の6位まで11ポイントもの差が付いてしまった。

 とはいえ、チームには苦境を脱する力があると信じるエドゥアルド・ベリッソ監督は、アウェーでセビージャに0‐1で惜敗した現地3日の一戦を「敗れはしたものの、選手達の戦う姿勢は良かった」と前向きに捉えると同時に、ホームにバレンシアを迎える次節で8試合振りの勝利を収められると断言した。

「現在チームが置かれているネガティブな流れには心を痛めている。しかし、こういった時こそしっかりと歯を食いしばることが求められる。その一方で、酷い状況に対する最高の解決策は不調だと思うのを止めることだ。余計なことを考えないことにより、我々が普段見せている本来の自然なプレーができるはずだ。選手達は気持ちを強く持っているので、次の週末は必ずや連敗を脱出できると確信している」

 リーガでは最悪の時期を迎えているものの、昨年12月に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦では2部のラス・パルマスを逆転で下したセルタ。ベリッソ監督は、A・ビルバオと対戦する5回戦について、現地6日にホームで行われる1st Legを無失点で乗り切ることが準々決勝進出への近道との見解を示した。

「A・ビルバオは伝統的にコパに非常に強いチームなので、我々にとっては重苦しい戦いになるだろう。それゆえ、試合には最も信頼できるスタメンで臨むつもりだ。第1戦での鍵となるのはアウェーゴールを与えないことなので、何としてもゴールマウスを死守したい」

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA