FOLLOW US

レアルの強さを別格視するカペッロ監督「R・マドリードはマシーン、他はチーム」

ロシア代表のカペッロ監督は「別次元のチーム」とレアルを絶賛した [写真]=Bongarts/Getty Images

 レアル・マドリードをかつて2度に渡りリーガ・エスパニョーラ王者に導いたロシア代表のファビオ・カペッロ監督が、快進撃を続ける現在の古巣の強さを別格視した。

 スペインのラジオ局『Onda Cero』のフットボール番組とのインタビューに応じたカペッロ監督は、16日(以下現地時間)のFIFAクラブワールドカップ準決勝でクルス・アスルに4‐0で快勝し、クラブ記録更新中の公式戦の連勝を21試合に伸ばしたレアルが、リーガ・エスパニョーラにおいて別次元のレベルにあることを説明した。

「R・マドリードはマシーン、他はチームだ。R・マドリードは別世界にいる。素晴らしいクオリティの選手を有しているチームも、R・マドリードと同じように機械的にはプレーできない。重要視すべきは、序盤に出遅れたチームが、今は首位を快走しているということだ。このことを考えれば、残りのチームにはR・マドリードのレベルにはないことを理解できるだろう」

 カペッロ監督はまた、20日に行われるクラブW杯決勝でサン・ロレンソと対戦するたレアルについて、大会制覇は間違いないとの見解を示した。

「R・マドリードは試合を制するために必要な全てを兼ね備えている。守備は堅く、中盤には高いクオリティ、前線にはとてつもない破壊力がある。そのうえアンチェロッティ監督は素晴らしい仕事をしており、フットボール史の中でも最高の1チームとなりつつある。現時点ではR・マドリードを倒せるチームはいないだろう。フィジカル・コンディションや勝利へのモチベーションが落ちた場合には問題を抱えるだろうが、そうでなければ彼らがベストだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO