2014.09.23

マンC戦で先制弾のチェルシーMFシュールレ「負けないことが重要」

マンチェスター・C戦で先制ゴールを奪ったシュールレ [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するドイツ代表MFアンドレ・シュールレが21日にアウェーで行われたプレミアリーグ第5節のマンチェスター・C戦を振り返った。チェルシー公式サイトが伝えている。



 試合は0‐0で迎えた66分、マンチェスター・Cのアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが2枚目のイエローカードで退場。するとその5分後にシュールレがチェルシーに先制ゴールをもたらした。しかし、85分には昨シーズンまでチェルシーに在籍していた元イングランド代表MFフランク・ランパードにゴールを奪われて1-1のドローで試合を終えている。

 シュールレは勝利を逃したことに落胆しつつも、勝ち点1という結果に一定の満足感を示した。

「ここでは負けないことが重要だった。それが僕たちの目指していたことだ。勝利に近づいていて数的優位だったから、勝てなかったことは残念だよ。僕たちは前進し続けて次の試合で勝利する必要がある」

「少し落ち込んでいるけど、首位である僕たちは2位と2ポイント差でここを訪れ、2位との差を3ポイントに広げてここを去るんだ。僕たちにとってそれほど悪い結果ではないよ。アウェーというタフな場所でプレーしたんだ。この勝ち点は僕たちにとっての方が良いものだったと思うよ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る