2014.09.16

バルサが練習場に「ティト・ビラノバ」の名前を冠することを決定

ビラノバ
故ビラノバ氏は“名参謀”としてバルサの黄金期を支えた [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 バルセロナは15日に開かれた理事会で、練習場である「シウタ・エスポルティバ」の第1グラウンドを「ティト・ビラノバ練習場」に改名すると、満場一致で承認した。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 自身もバルセロナのカンテラ出身だった故ビラノバ氏は、トップチームでの出場こそなかったが、現バイエルン監督のジョゼップ・グアルディオラと同期に当たり、“名参謀”としてクラブの黄金期を支えた。そして2012年夏に、そのグアルディオラから直々に指名を受けて監督に就任すると、リーガ・エスパニョーラの前半戦を18勝1分けと無敗のまま切り抜け、最終的に勝ち点100を獲得。クラブ史上最高の成績で優勝を達成した。

 しかし、2011年11月に発覚した耳下腺がんとの闘病生活により、同シーズンの後半戦のほとんどを現場で指揮することができず、2013年の7月には監督辞任の決断を下す。それから約9カ月後の今年4月、45歳の若さで帰らぬ人となった。

 もっとも、ビラノバ氏が残した功績は、クラブ、そして地元ファンから高く評価された。

 カンテラの監督を務めていた際には、当時14歳だったリオネル・メッシやジェラール・ピケら、後にトップチームで再会する“才能の原石”たちの成長を促した。またトップチームで働くようになった後も、クラブの財産であるカンテラ組織について、クラブのフロントに数々の提言を行っていた。そしてメッシについては、亡くなる直前に病院で直接会い、バルセロナからの退団を翻意させていたことも、死後まもなく地元メディアによって明かされている。

 病に倒れながらも、常にクラブのために尽くした人物。それがティト・ビラノバという男だった。今後、練習場に彼の名前が残ることで、そのスピリットは永遠に受け継がれることになるはずだ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る