2014.09.11

移籍市場期限外でも獲得できる注目の“フリー選手”10選

フリー選手
フリー選手には即戦力となりうる実力者が多く動向が注目される [写真]=Getty Images

 9月1日に閉まった夏の移籍マーケット。ヨーロッパの各クラブはこれから1月のマーケットが開くまで現有戦力で戦っていくことになるが、例外もある。現時点でどのクラブとも契約を結んでいない無所属の選手、つまり“フリートランスファー”の状態であれば、移籍期間と関係なくいつでもチームに加えることができるのだ。

 今夏の“フリー”代表格は、バルセロナを退団したGKビクトル・バルデス。彼はモナコに移る予定だったが、昨季途中に追った膝の重傷が足かせとなって移籍が実現せず、現在は無所属でリハビリに励んでいる。そこに目をつけたリヴァプールがすでに契約に動いていると言われ、ケガが癒えた後の10月にも新加入するともっぱらの噂だ。

 そんなV・バルデスの他にも、“フリー”の選手は数多い。ここでは、注目の10人を紹介していこう。

ジョナス(元バレンシア/FW/元ブラジル代表)
新オーナー就任でチームを刷新したバレンシアを退団したが、リーガ過去3シーズン連続2ケタ得点と実力は十分で、まだ30歳と老けこむ年齢でもない。ベンフィカやトッテナム、サンダーランドなどが興味。

ウーゴ・アウメイダ(元ベジクタシュ/FW/ポルトガル代表)
W杯にも出場した30歳のターゲットマン。FW獲得に失敗したプレミアのQPRや、膝の手術でジュゼッペ・ロッシを失ったフィオレンティーナが狙っている。ただ、フィオレンティーナは同じく無所属のスイス代表FWイノセント・エメガラ(元シエナ)と契約間近とも。

ニコラ・ジギッチ(元バーミンガム/FW/元セルビア代表)
かつてプレミアリーグでもプレーした2メートルの巨漢ストライカーは今夏、契約満了でバーミンガムを退団。オリヴィエ・ジルーを長期離脱で失ったアーセナルと交渉の場を設けたことを認めているが、最終的にアーセナルはダニー・ウェルベックを獲得したため合意には至らず。現在もフリーエージェントの身。

パク・チュヨン(元アーセナル/FW/韓国代表)
アーセナルから昨季はワトフォードに期限付き移籍。復帰後に放出され、移籍先が見つからず。W杯には出場したが、2試合で枠内シュートすら1本も撃てず失望の出来に。

ディエゴ・ルガーノ(元ウェストブロムウィッチ/DF/ウルグアイ代表)
プレミアリーグには馴染めなかったが、現役のウルグアイ代表キャプテン。現在はW杯で負傷した膝の治療中だが、その後の新天地にはラツィオや中東のクラブが挙がっている。

マリオ・ジェペス(元アタランタ/DF/コロンビア代表)
38歳だが、W杯でも堅守を見せたように実力は健在。DFを補強できなかったアーセナルが短期契約のオファーを出すという噂がある他、アルゼンチンのサンロレンソや母国のクラブも契約に興味を持つ。

カルロス・マルチェナ(元デポルティーボ/DF/元スペイン代表)
バレンシア、ビジャレアル、デポルティーボで活躍してきた元スペイン代表DF。スペイン代表としてもユーロ2008や2010年W杯に出場。35歳でピークは過ぎたが‥‥。

アントニー・レヴェイエール(元ナポリ/DF/元フランス代表)
リヨンでリーグ戦5連覇を達成した経験豊富なサイドバック。イタリアでは不遇だったが両サイドでプレーできる万能性や豊富な経験を評価するクラブは多く、母国を含み複数のクラブから打診があるとも。

ウィリアム・ギャラス(元パース・グローリー/DF/元フランス代表)
チェルシー、アーセナル、トッテナムとロンドンの“ビッグ3”を渡り歩いた往年の名DF。昨季はオーストラリアのパース・グローリーでプレーしたが、夏に契約終了。8月で37歳になっており、引退か現役続行かが注目される。

トマシュ・クスチャク(元ブライトン/GK/元ポーランド代表)
かつてマンチェスター・ユナイテッドのセカンドGKを務めた実力者。12年夏に2部ブライトンへ移籍し、2シーズンほど正GKを務めたが、今夏で契約満了により退団。今月、かつての同僚リオ・ファーディナンド主催のチャリティーマッチに出場して元気な姿を見せている。

ティム・ヴィーゼ(元ホッフェンハイム/GK/元ドイツ代表)
元ブレーメンの名GKも、今年1月にホッフェンハイムを退団して以降はフリー。なんとその間、肉体を極限まで鍛えあげ、ボディビルダーのような姿になってドイツメディアを驚かせている。現在もオファーを待っているようだが、筋肉を付けすぎて敏捷性が落ちていないか不安‥‥。

その他の主なフリー選手:
アドリアーノ(元アトレチコ・パラナエンセ/FW/元ブラジル代表)
ニウマール(元アル・ジャイシュ/FW/元ブラジル代表)
トゥーリオ・デ・メロ(元エヴィアン/FW/ブラジル)
エル・ハジ・ディウフ(元リーズ/FW/元セネガル代表)
フアン・アグデロ(元ストーク/FW/アメリカ代表)
ソティリス・ニニス(元パルマ/MF/元ギリシャ代表)
アルー・ディアッラ(元ウェストハム/MF/元フランス代表)
ジャック・コリソン(元ウェストハム/MF/ウェールズ代表)
マシュー・エザリントン(元ストーク/MF/イングランド)
ジャーメイン・ペナント(元ストーク/MF/イングランド)
ジョセフ・ヨボ(元ノリッジ/DF/ナイジェリア代表)
アンドレア・ドッセーナ(元サンダーランド/DF/元イタリア代表)
ジョナタン・ゼビナ(元トゥールーズ/DF/元フランス代表)
ダニエル・アランスビア(元アトレティコ・マドリード/GK/元スペイン代表)

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る