FOLLOW US

オランダ代表ファン・ハール監督「スペインを倒すために5-3-2に変更した」

ファン・ハール監督(左)はスペイン戦の大勝を振り返った  [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が13日に行われ、グループBではオランダが前回王者のスペインに、5-1と逆転勝利。前回の南ア大会決勝で敗れた相手に雪辱を果たした。

 歴史的大勝を収めたオランダ代表のルイス・ファン・ハール監督は試合後、勝利の要因を分析した。オランダの公共放送『NOS』が伝えている。

 ファン・ハール監督は「0-1で前半を終えていたら4-3-3にしていただろう。だが、ロビン(ファン・ペルシー)が良い時間帯に決めてくれた」試合を振り返り、「スペインに試合を支配される展開は私の頭の中にあった。彼らが攻撃的にくるのは分かっていたし、我々はそれに合わせて戦う必要があった」とゲームプランを説明した。

 さらに指揮官は「我々は4-3-3でスペインに勝利するだけのクオリティーはない。彼らのようなスタイルのチームを相手に結果を残すことが難しいことは監督として何度も経験していたからね。だから、5-3-2に変えたんだ」とシステムを採用した理由を明かした。

 オランダ代表は19日に初戦でチリに敗れたオーストラリアと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO