2014.05.29

元横浜Mのラモン・ディアス氏がリーベル・プレートの監督を辞任

ラモン・ディアス
ラモン・ディアス監督はリーベルを年間王者に導いた [写真]=Getty Images

 現役時代に横浜マリノスでもプレイし、Jリーグの初代得点王に輝いたラモン・ディアス氏が、アルゼンチンの名門リーベル・プレートの監督を退くことになった。アルゼンチンのスポーツ紙『Ole!』が伝えている。

 ラモン・ディアス氏は現役引退後二度リーベルの監督を務めており、2012年に3度目の就任を果たした。

 前監督のマティアス・アルメイダが成績不振を理由に解任されての就任で、チームの立て直しに取り組んだラモン・ディアス氏は今シーズン、リーベルを後期優勝に導き、加えて年間王者のタイトルも手にした。

 現地時間で5月27日の午後に辞任が決まったようで、リーベル・プレートの公式サイトでもその旨が発表されている。5月28日の午後には監督辞任の記者会見が行われる予定とのこと。

 なお、新監督は決まっていないが、候補には元アルゼンチン代表のマルセーロ・ガジャルド氏らの名前が挙がっているという。

(記事/Cartao Amarelo)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る