FOLLOW US

ウルグアイ代表チーム医師「うまくいけばスアレスは初戦に間に合う」

左ひざ半月板の手術を行ったスアレスはW杯出場が危ぶまれている [写真]=Getty Images

 ウルグアイ代表のチームドクターであるアルベルト・パン氏が、左ひざ半月板の手術を行ったルイス・スアレスの容態について説明した。ウルグアイのスポーツメディア『Tenfield』が伝えている。

 報道陣からスアレスの様子について質問を受けたパン氏は、次のように回答した。

「昨日話したが、スアレスは手術した箇所に『痛みはない』と言っていた。術後の経過はすごく良好で順調に回復している。あと5日程度は安静が必要だが、来週からはひざに負荷をかけるトレーニングも始められるだろう。すべてがうまくいけばウルグアイ代表の初戦が行われる6月14日に間に合うだろう」

 それを聞いた一部の記者から「スアレスはワールドカップに出場できると捉えて問題ないか」という質問が飛ぶと、同氏は「それは時期尚早だ。今の時点では断定できない」と回答。余計なことは考えずに、スアレスの復帰を全力でサポートする意向を表明した。

(記事/Cartao Amarelo)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO