FOLLOW US

ファルカオのW杯欠場を近日中に発表か…フランス紙がスクープ

『レキップ』はファルカオのW杯欠場が近日中に発表されると報じた [写真]=Getty Images

 コロンビア代表のエースストライカーであるラダメル・ファルカオがワールドカップを欠場する見込みであることを、フランスのスポーツ紙『レキップ』がスクープした。報道によれば、近日中に公式発表がなされるとのこと。

 ファルカオは1月に左ひざの十字靭帯を損傷。全治6カ月と診断されたことでW杯出場は絶望と当初報じられていた。ところが負傷した部位の回復が思いのほか早いことから「ファルカオはW杯に間に合う」との報道が過熱。事実、ファルカオは16日にはモナコでのチーム練習にも参加していて、ボールを使ったトレーニングも行っていた。その一方でファルカオの父が「左ひざの回復具合は60パーセント」と述べ、ファルカオ自身も「大会までに100パーセント回復することはない」と述べるなど彼自身とその周辺が否定的なコメントを出していた。

 情報が錯綜する中、「ファルカオはW杯に間に合うのか」との質問に対して近日中に答えが出される見込み。ファルカオの左ひざについては「臨床的には間に合うかもしれないが、W杯という大舞台を戦い抜くレベルまでは回復しない」という主治医の診断結果が、ファルカオの命運を決定づけると同紙は報じている。

 ホセ・ペケルマン監督が先に発表したコロンビア代表の候補30人には、ファルカオの名前が入っていた。しかしW杯を戦える水準にまで左ひざが回復することはないという結論に至ったようだ。

 コロンビアの国内メディアは、5月20日にもファルカオが記者会見を行うと報じている。

(記事/Cartao Amarelo)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA