2014.05.18

メキシコ代表のエルナンデスW杯へ向けて「トップフォームを取り戻しつつある」

エルナンデス
W杯へ向けて調子を上げているエルナンデス [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップに臨むメキシコ代表の最終メンバーに選出されたFWハビエル・エルナンデスが、大会に向けての意気込みを語った。メキシコ紙『レコルド』が報じている。

「今夏、僕は2度目のW杯を戦うことになる。何としても成功をつかみたい。いいパフォーマンスを見せたいという意欲に満ち溢れている。そのためにあらゆる側面でハードワークをこなしているし、トップフォームを取り戻しつつある。このまま調子を上げていきたいね」

 そう語るエルナンデスはまだ代表チームに合流しておらず、数日中に他のヨーロッパ組の選手たちとトレーニングキャンプに合流する予定となっている。

 マンチェスター・ユナイテッド所属のエルナンデスは今シーズン、リーグ戦24試合に出場して4ゴールと、2011-12シーズンの加入以来、ワーストの得点数に終わっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る