FOLLOW US

元日本代表FW李忠成、『点取り屋-TENTORIYA』プロジェクトを発表! FW育成に特化し全国行脚へ

2023.12.20

 今年、9月に今シーズン限りでの引退を発表し、11月のカップ戦にて20年の現役生活を終えた李忠成。彼がかねてより公言していたプロジェクト「点取り屋-TENTORIYA」を38歳の誕生日となる12月19日に立ち上げた。

このプロジェクトでは全国の子供達にサッカーの素晴らしさやゴールの取り方を教えて回る。李曰く「僕はストライカーなので、FWの事しか教えられない」と、FW育成に特化した企画となっている。「このプロジェクトを通し将来の日本サッカーを担う世代へ、サッカーの楽しさや本質を教えたい」。「サッカー教室やスクールの数が行き届いていない地域の子供たちに直に会ってプロサッカー選手の生の迫力や、夢や目標を持つことの大切さを伝えたい」と彼は語る。

 先日行われたやべっちCUPや、12月26日(火)に行われる本田圭佑氏主催の「4v4」などで、子供たちへ自分の経験を伝えることを実践している李忠成。また、サイト内のコンテンツで、塗り絵をダウンロードして配布するなど、子供達に楽しんでもらう取り組みにもチャレンジする。今まで応援してくれたサポーターに向けては、これまでの感謝の気持ちとして来年1月8日にZOOM(参加無料)にてファンミーティングを行う予定。自身の代名詞ともなったあのアジアカップの決勝ゴール。来年1月14(日)に開催するAFCアジアカップ2023の初戦であるベトナム戦では、DAZNにて日本代表のスタジオ解説を行うなど、引退後も精力的にサッカーの魅力を伝えていく。 「サッカーに恩返しがしたいんです」。そう話してくれた李の今後の動きに注目だ。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

SOCCERKING VIDEO