FOLLOW US

中田英寿氏が「国立工芸館」の名誉館長に就任…日本工芸の魅力を世界に発信

 東京国立近代美術館工芸館は4日、元サッカー日本代表の中田英寿氏が名誉館長に就任すると発表した。

 東京国立近代美術館工芸館は石川県金沢市に移転し、通称「国立工芸館」(正式名称:東京国立近代美術館工芸館)として開館。2020年10月24日に開館記念式典(セレモニー)を開催し、翌25日から始まる展覧会で一般公開を開始する。それに伴い新たに名誉館長職を設け、国内外に高い知名度と情報発信力を持ち、これまで多くの工芸作家の工房等を訪問し交流を深めるなど、日本の伝統文化や工芸の支援に精力的に取り組んできた中田氏が2020年10月24日付で就任する。

 中田氏は館の事業運営への助言や各種ネットワークづくり、また多方面への情報発信の強化を主に担当。日本で唯一の工芸を専門とする国立美術館として、工芸の歴史と文化が集積する街、金沢から、その魅力を世界に発信していく。

■中田英寿プロフィール
1977年生まれ。山梨県出身。2006年、29歳でプロサッカー選手を引退。
2009年4月から、全国47都道府県をめぐる旅をスタート。
この旅をきっかけに日本文化に可能性を強く感じたことから、日本文化を発信する事業を多数手がけ、2015年には、「株式会社 JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」を設立。
全国を旅して出会った人・モノ・コトを公式WEBメディア「に・ほ・ん・も・の」で紹介している。また、多言語での書籍の出版、全国の優れた生産者を紹介するラジオ番組「VOICES FROM NIHONMONO」(毎週土曜 22:00〜)のナビゲータを務めるほか、全国の逸品を取り扱う「NIHONMONO SHOP」を展開。2020年4月には立教大学の客員教授に就任し、「伝統産業とマーケティング」を担当する。
日本の伝統文化や食・人に注目し、その魅力を伝えるために、幅広い活動を行っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA