FOLLOW US

久保建英らも実践する「中西メソッド」とは?…中西哲生氏のオンライン講習会配信が決定

 久保建英らを個人指導する“日本最強のパーソナルコーチ”の中西哲生氏によるオンライン講習会の配信開始が決まった。実践型スポーツオンラインアカデミー「WHITE BOARD SPORTS」が7月14日から配信を開始することを発表した。

 現役時代に名古屋グランパスや川崎フロンターレで活躍した中西氏は、これまでパーソナルコーチとして、久保建英、中井卓大、長友佑都、永里優季といった選手たちを指導。今回のオンライン講習会は、そんな日本のトッププレイヤーたちも実践する「中西メソッド」を直接学べる機会となる。

「中西メソッド」とは、中西氏が独自で構築した理論で、欧米人とは異なる日本人の身体的な特長を武器にするメソッドだ。その原点は、名古屋時代の恩師であるアーセン・ヴェンゲル監督が当時指揮していたアーセナルでのトレーニング体験と中村俊輔との交流にある。

 中西氏は、現役引退後にヴェンゲル監督率いるアーセナルを訪れてトレーニングに参加。当時チームにいたフランス代表FWアンリやオランダ代表FWデニス・ベルカンプといった世界の一流選手のプレーを間近で見たことで、欧米人と日本人の姿勢やプレーのフォームの違いに着目した。

 その後、かつてのチームメイトで“ピクシー”ことドラガン・ストイコビッチのプレーを研究。さらに、かねてから交流のあった中村俊輔への技術レクチャーを始めたことで、「日本人の骨格、重心の位置に着目し、より日本人に合ったフォームを構築できれば、日本人はもっと伸びるに違いない」という考えが生まれ、「中西メソッド」の確立に至った。

 世界の一流選手のプレーをきっかけに生まれ、日本のトッププレイヤーたちと磨いてきた「中西メソッド」。講習会は、今までの日本サッカーにはなかった革新的な個人技術トレーニングを学べる内容となる。中西氏は、講習会に向けて次のように語った。

「現役引退して20年、選手の個人指導を初めて10年。節目のこのタイミングで、これまで自分が体系化してきた理論を皆さんと共有できることを嬉しく感じます。多くの選手や指導者との出会いが、今ある確固たる理論を生み出す上で大きな力になってくれました。このメソッドが一人でも多くの方に広まっていくことで、より進化した技術が生み出される可能性があると、僕は信じています。指導者はもちろん、サッカーをやっていらっしゃるお子さんをお持ちの親御様、そして今を戦う選手たちにも届くことがあれば幸いです」

 オンライン講習会の概要は以下の通り。

タイトル:「中西哲生オンライン講習会」
日本最強のパーソナルコーチが教える「N14中西メソッド」サッカー個人技術トレーニング
時間:194分 第1回(1時間17分)、第2回(53分)、第3回(1時間4分)
価格:全3回セット 30000円(税込) 1本 12000円(税込)
配信期間:2020年7月14日〜
※全3回のセット購入者は、8月1日よりスタート予定の中西哲生氏によるオンラインサロン(期間限定)に参加できる。
※7月12日にはZOOMでオンライン講習会とオンラインサロンの無料説明会が開催される。

■購入ページ
https://wbsports.official.ec

■コンセプト
・トップ選手が行っているプレーのメカニズムを論理的、体系的に学ぶ
・テクニックを飛躍的に高めるためのドリルトレーニングを映像で共有する
・実戦で技術を発揮できるようにするためのメンタルコントロールを身につける
・2030年W杯での日本優勝のために日本中のサッカー選手をレベルアップする

■参加対象者
・全国のサッカーチームの監督、コーチ
・サッカー、フットサル指導者
・現役サッカー、フットサル選手
・サッカー、フットサル少年、少女の保護者
・試合の見方を広げたいサッカーファン、サポーター

■内容
第1回「身体から離れないドリブル」
CHAPTER 0 はじめに
CHAPTER 1 上達に必要な人間力
CHAPTER 2 サッカー選手の良い姿勢
CHAPTER 3 身体から離れないドリブル

第2回「ぴたりと止まるトラップ」
CHAPTER 1 指導者としての心構え
CHAPTER 2 ぴたりと止まるトラップ
CHAPTER 3 “しまった”を“良かった”と思えるか

第3回「決まるシュートの論理」
CHAPTER 1 体にテンポを宿らせる
CHAPTER 2 軸足抜き蹴り足着地のフォーム
CHAPTER 3 決まるシュートの論理
CHAPTER 4 『N14中西メソッド』の本質

参加希望者の方は下記フォームよりお申し込みください。
[フォーム]
※URLをメールにてご案内します(ZOOMにて開催予定)。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO