FOLLOW US

「ダノンネーションズカップ 2020 in JAPAN」福島会場予選開催、前園真聖氏が子どもたちにエール

 ダノンネーションズカップ実行委員会は、2019年2月2日(日)、U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本大会「ダノンネーションズカップ 2020 in JAPAN」の福島会場予選を、JFAナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ(福島県双葉郡)にて実施した。

 以下、リリースの通り。

 今回の福島会場予選では、2012年世界大会準優勝チーム「レジスタFC」や同じく世界大会へ出場経験のある「柏レイソルU-12」のほか、Jリーグの下部組織チームや福島県内からの7チームをはじめ、東北、北陸、関東、中部エリアより1都13県の全32チームが集まり、寒空の中子供たちによる熱戦が繰り広げられました。

 2019年2月の開催時は、一部のみのオープンとなっていた「Jヴィレッジ」も昨年4月に全面再開され、会場は選手だけでなく、地域の方々や応援に駆け付けた多くの来場者で溢れていました。大会アンバサダーとして2年連続で会場に訪れた前園氏は、参加した選手たちのプレーを観戦しただけでなく、ダノンヨーグルトなどのサンプリングを実施するなど、選手や観戦に訪れた方々とのふれあいを楽しんでいました。

 グループリーグ終了後、各グループを1位で通過した8チームの本大会出場決定戦の組み合わせ抽選を実施。前園氏がドロワーとなり抽選を行うと、「FC大泉学園」対「バディーSC」、「バンディッツいわきJr」対「柏レイソルU-12」、「FCパーシモン」対「ファナティコス」、「FCトリアネーロ町田」対「レジスタFC」の対戦カードに決定。福島県勢唯一の本大会出場決定戦進出となった「バンディッツいわきJr」は、過去3度のダノンネーションズカップ世界大会出場経験を持つ「柏レイソルU-12」を相手に善戦したものの、相手の自慢の攻撃力の前に0-3と敗戦。また、「FCパーシモン」対「ファナティコス」の試合は、最後まで1点差を争う好ゲームを展開し、チーム全員で戦い抜いた「ファナティコス」が見事本大会出場を決めました。さらに、「FC大泉学園」対「バディーSC」、「FCトリアネーロ町田」対「レジスタFC」の両カードは互いに20分間では決着がつかずPK戦までもつれ込み、GKのスーパーセーブにより勝ち切った「バディーSC」と「FCトリアネーロ町田」が本大会出場権を獲得しました。

 試合終了後、前園氏は「ここで終わりではなく、本大会でも頑張ってほしいと思います。会場での白熱した試合を楽しみにしています!」とエールを送り、大会を締めくくりました。

「ダノンネーションズカップ2020 in JAPAN」は2月22日(土)の埼玉会場予選をもって本大会出場全チームが決定します。世界大会に進出する男女各1チームずつを決める本大会は、3月28日(土)・29日(日)に駒沢オリンピック公園総合運動場にて開催。福島会場予選に続き、本大会にも大会アンバサダーの前園真聖氏が来場し、決勝戦の解説や表彰式でのプレゼンターを務めていただく予定です。なお、本大会を勝ち抜いた男女各1チームが、インドネシアで開催される世界大会への出場権を獲得します。

■「ダノンネーションズカップ 2020 in JAPAN」福島会場予選 大会概要

大会日程:2020年2月2日(日)
大会会場:JFAナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ(福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森8)
参加チーム数:男子32チーム

■「ダノンネーションズカップ 2020 in JAPAN」福島会場予選 本大会出場決定戦 結果

本大会出場決定戦①「FC大泉学園」 0-0(PK:2-3) 「バディーSC」
本大会出場決定戦②「バンディッツいわきJr」 0-3 「柏レイソルU-12」
本大会出場決定戦③「FCパーシモン」 1-2 「ファナティコス」
本大会出場決定戦④「FCトリアネーロ町田」 0-0(PK:2-1) 「レジスタFC」

■大会アンバサダー 前園真聖氏コメント

Q.ダノンネーションズカップを開催する意義についてお聞かせください。
A.全国から子どもたちが集まり、フェアプレーの精神や相手に対する思いやりを感じられる大会であるとともに、サッカーを通して世界への挑戦にチャレンジでき、成長できる貴重な大会だと思います。

Q.今回で2年連続2度目の福島予選大会ですが、会場の盛り上がりはいかがでしょうか。
A.日ごろのプレーやチームワークなどが前面に出ている試合が多く、それぞれのチームから熱い想いを感じることができました。世界に繋がる第一歩の福島予選ということで、一段と盛り上がっていたと思います。会場に来させていただき、僕自身も二年連続でこの福島にくることができ、子供たちから元気をもらいました。

Q.昨年4月にJヴィレッジが全面再開しました。聖火リレーのスタート地点となったJヴィレッジに対する思いは。
A.聖火リレーのスタート地点になったとのことで、日本のサッカー界はもちろん、スポーツ界にとっても非常に大事な場所となったと思います。(昨年4月)全面再開したことはとても素晴らしいことだと思いますし、Jヴィレッジが世界につながる場所としてのシンボルになることを、改めて嬉しく思っております。

Q.2020年はまさに「スポーツの年」と言えます。全国のスポーツをしている子供たちに向けコメントをお願いします。
A.勝つことも負けることも、うまくいかないことも当然あると思います。ただ、今打ち込んでいるスポーツを全力で楽しむことで結果も伴ってくると思うので、それぞれの夢に向かって一生懸命に頑張ってほしいです。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA