FOLLOW US

中田英寿主催の日本酒イベントが今年も六本木で開催 4月17日から過去最長の13日間【延期】

 元日本代表の中田英寿氏が率いる「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」は、2020年4月17日から29日(水・祝)までの過去最長となる13日間、東京・六本木にて、全国から選りすぐりの酒蔵が出店し、日本酒などの食文化をはじめとした、様々な日本の魅力を再発見できる「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2020」を開催する。

※【編集部注】本イベントは開催延期となり、10月頃の開催予定となりました。
(2020年3月30日17時追記)

 以下、リリースの通り。

 2009年春から47都道府県を巡り、日本の文化・伝統・農業・ものづくりに直接触れてきた中田英寿は、日本が世界に誇る文化や技術を“再発見”できる場を提供するプロジェクトの一つとして、2016年より「CRAFT SAKE WEEK」を開催してきました。東京・六本木からスタートしたこのプロジェクトは、博多や仙台などの地方都市でも開催し、過去4年間の来場者数は訪日外国人も含めて延べ約60万人にも上ります。「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2020」では、日本全国の1,400を超える酒蔵の中から、厳選された約130蔵のみが出店します。開催中は各日にテーマを設け、1日10蔵に絞ることで、一つひとつの日本酒との出会いを大切にし、自分好みの銘柄・酒蔵を見つけることができます。また、会場には和食はもちろん世界各国の様々なジャンルの料理を提供する一流レストランを招き、日本酒とさまざまな料理との新たなペアリング体験を提案してきました。節目となる5年目の「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2020」では、古来から日本で親しまれている“発酵”をテーマとし、日本茶ブースや発酵食品エリアを展開します。日本酒だけにとどまらず、日本古来の食文化を再発見できる場として拡大します。

 2020年の会場デザインは、フランスの国外建築賞で『グランプリ』を受賞、日経アーキテクチュア誌で『アーキテクト・オブ・ザ・イヤー2019』に選ばれるなど、世界的にも高い評価を得ている、Atelier Tsuyoshi Tane Architectsの代表・田根剛氏が務めることが決定しました。会場デザインのコンセプトを策定するにあたり、田根氏の「古来より米と酒は日本の文化を支え祀ってきた」という想いのもと、幾度にも渡る議論を重ね、日本の風土が生み出す文化を表現するため、「Mass=枡」をコンセプトとすることが決まりました。枡は一千年以上前より食の量を計る道具として使われてきました。本イベントのためだけに制作される今回の作品は、一升の量が入る”枡”を約6,000個使用することで、圧倒されるような量の枡が会場を包み込み、柔らかい木の表情と光が豊饒な空間を演出します。

 厳選された日本酒、一流レストランが提供する料理、こだわり抜かれた空間で日本の魅力を再発見しながら、至極のひと時を提供する当イベントにぜひご注目ください。(※参加の酒蔵、レストラン等の情報は後日発表します。)

「CRAFT SAKE WEEK」のこだわり

●“SAKE”の枠を超え、日本の食文化・伝統を再発見できる
「CRAFT SAKE WEEK」は日本酒を中心とした体験を提供してまいりましたが、2020年からは、古来から日本で親しまれている“発酵”をテーマとし、日本茶や発酵食品も提供します。日本酒だけにとどまらず、日本古来の食文化を再発見できる場として拡大します。

●全国の酒蔵から、利き酒で選び抜かれた今年度最高峰の日本酒が集う
中田英寿をはじめとした日本酒の専門家が、全国の酒販店とも連携をして全国の数百におよぶ酒蔵の日本酒を利き酒して、選び抜かれた最高峰の日本酒を堪能いただけます。日本酒を飲み始めたばかりの方から、愛飲している方まで、幅広い層にイベントを楽しんでいただけるよう、各日でテーマを変えて日本酒を提供。1日10蔵に限定することで、一つひとつの蔵・お酒との出会いを大切にし、印象的な銘柄、お気に入りの酒蔵を見つけることができます。

●国内外で高い評価を受ける銘店が、当イベント限定のオリジナルメニューを提供
中田英寿が自ら足を運び厳選したレストランは、ミシュランで星を獲得するなど国内外から評価を受ける銘店ばかり。通常では予約困難な人気レストランが、当イベントのために特別に開発したオリジナルメニューを、リーズナブルな価格で提供します。最高峰の日本酒と絶品料理とのペアリングをお楽しみいただけます。

●約6,000個の一升枡が、幻想的かつ豊饒な会場空間を演出
世界的にも高い評価を得ている日本を代表する建築家の田根剛氏が、日本の風土が生み出す文化を感じられる会場デザインを策定。今回の会場デザインでは、一千年以上前より食の量を計る道具として使われてきた一升の量が入る“枡”を約6,000個使用し、圧倒される量の枡が会場を包み込み、幻想的かつ豊饒な会場空間を演出します。

●心地よい音楽が会場を包み込み、至極のひと時を体感
様々なジャンルのDJがセレクトした心地よい音楽が会場の雰囲気と融合し、老若男女・国籍を超えて居心地の良さを心から体感できるムードを演出します。

「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2020」開催概要

日時:2020年4月17日(金)~29日(水・祝) 13日間各日12:00~21:00 L.O.20:30
場所:六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6丁目9-1)
参加蔵数:各日10蔵 計130蔵(予定)※参加の酒蔵、レストランのラインナップは後日発表します。
レストラン数:15店
主催:JAPAN CRAFT SAKE COMPANY
特別協力:六本木ヒルズ
ウェブサイト:http://craftsakeweek.com/
公式アプリ:Sakenomy http://www.sakenomy.net/

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA