FOLLOW US

東アジアサッカー連盟が公式Webブラウザ『Brave』とパートナーに E-1選手権でスタッツやリアルタイム勝敗予想を提供

 Brave Software Inc.(本社: 米国カリフォルニア州)は、同社が提供するWebブラウザ『Brave』が、東アジアサッカー連盟(以下 EAFF)が12月10日から19日に開催するE-1サッカー選手権2019 決勝大会においてオフィシャルブラウザーとして提供されることが決定したと発表した。大会会場でLED看板が設置される他、連動した限定コンテンツがE-1公式ページにおいて提供される。

『Brave』DLリンク(インストール用exeファイルのDLが開始します)

 Braveブラウザは高速で安全なプライバシー保護に優れた技術により、より快適なインターネット環境を提供するインターネットブラウザ。一般的なブラウザと比較し3~6倍高速で、すでに全世界52言語で提供、毎月900万人のユーザーが利用している。大会期間中ではBraveのユーザーを対象に『Color the Cheer』、『AI Match Forecast』、『Brave Award』の3つの施策を実施する。

(1)『Color the Cheer』
 Braveの提供するLEDバナーを、チームの応援に提供。男女12試合にて、前半Braveブラウザを通じてより多くの投票が行われたチームが、後半のLEDバナースペース権を獲得し、後半にそのチームのユニフォームカラーと言語で応援メッセージが表示される。投票したファンから抽選で大会使用球がプレゼントされる。

(2)『AI Match Forecast』
 AIを活用した勝敗予測システムAI-11(AI ELEVEN)を用いた、リアルタイム勝敗予測を試合中に提供。同時に、詳細なチームと選手のLIVEスタッツも提供する。

(3)『Brave Award』
 最もBrave(=勇敢)な選手を、一般投票で男女1名ずつ選出するBraveアワードを新設。最も投票数が多かった選手にアワードが贈呈される。

DLリンク(インストール用exeファイルのDLが開始します)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA