FOLLOW US

県内トップ4クラブによる「あいちフットボールフレンズ」が発足…楢﨑正剛氏がキャプテンに

「あいちフットボールフレンズ」の発足が発表。楢﨑氏(中央)がキャプテンに

 5月12日(日)、愛知県サッカー協会に所属する4クラブによるプロジェクト「あいちフットボールフレンズ」の発足が発表された。プロジェクトを形成するのは名古屋グランパス(男子サッカー)、名古屋オーシャンズ(男子フットサル)、NGUラブリッジ名古屋(女子サッカー)、ユニアオレディース(女子フットサル)の4クラブ。同日には豊田スタジアムにて記者会見が行われ、プロジェクトの概要が発表された。

 プロジェクトの目的は愛知県内にホームタウンを置く、各フットボールカテゴリーのトップクラブが連携し、観戦者や競技者を増やしながらフットボールフレンズの輪を広げていくこと。愛知県サッカー協会会長の加古眞氏は「これまではチーム単位、種別単位の取り組みが多かった。県内に4つのビッグクラブがあることは大きなチャンス。各クラブの交流によって生まれる化学反応に期待しているし、それぞれのサポーター同士が仲間になったりなど、フットボールファミリーの拡大を目指していきたい」と語った。

 本プロジェクトのキャプテン(アンバサダー)に就任した楢﨑正剛氏は「久しぶりのキャプテンで緊張しています」と挨拶。「現役生活を通じて、サポーターの力は絶大だと実感してきました。それぞれのクラブが一人でも多くの方に応援してもらえるように取り組みたいと思います。また、フットボールを多くの方に身近に感じてもらうために、施設や環境の整備もできればいいですね。愛知がサッカーどころ、フットサルどころと思われるように、僕の立場から、できることを頑張っていきたいと思います」とコメントした。

楢﨑正剛氏

記者会見に出席した楢﨑正剛氏

 今後の「あいちフットボールフレンズ」の取り組みとしては、競技や男女の垣根を越えたエキシビジョンマッチの開催や指導者の交流、横断的なチケット割引施策を検討しているという。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA