2016.05.30

サッカーと野球の選手会が初タッグ…熊本地震の慈善オークションを共同開催

佐藤寿人
日本プロサッカー選手会会長の佐藤寿人(左)と日本プロ野球選手会会長の嶋基宏(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本プロサッカー選手会(JPFA)と日本プロ野球選手会(JPBPA)が、平成28年熊本地震からの復興に向けて初タッグを組んだ。両選手会は30日、熊本地震復興支援活動として、共同で「熊本地震 チャリティーオークション(第1弾)」を開始することを発表した。

「スポーツの素晴らしさを伝える」「スポーツのチカラで社会に貢献する」との思いを持つ両選手会が、熊本地震の被災地に対して、お互いの連携による支援が必要であると判断し、今回のチャリティーオークションが実現した。なお、昨年11月に日本プロ野球選手会はJFA(日本サッカー協会)と現役プロ野球選手を講師として学校に派遣する「夢の教室」実施のための連携協定を締結していたが、両選手会同士での共同プロジェクトは史上初となる。

 今回のオークションは、選手たちが愛用のグッズをサイン入りで提供。第1弾(5月30日〜6月5日)として、プロ野球から東京ヤクルトスワローズの畠山和洋、阪神タイガースの原口文仁、千葉ロッテマリーンズの清田育宏らが、直筆サイン入りのバットやグラブなどを出品。また、サッカーからは出身地・熊本の復興支援に自ら尽力するジェフユナイテッド千葉の藤嶋栄介をはじめ、キリンカップの日本代表メンバーである浦和レッズの西川周作や槙野智章らが、直筆サイン入りのスパイクやユニフォーム、ゴールキーパーグローブなどを出品している。

槙野智章

4月には被災地に足を運んだ槙野(左)と西川(右)[写真]=Getty Images

 オークションは5月30日から開始され、7月24日まで8回に分けて実施。チャリティーオークションの売上は、日本プロサッカー選手会が2011年に東日本大震災被災地の支援のために設立した『J100年基金』を通じて熊本県内の自治体へ送られ、被災者の援助や復興支援の資金などとして使われるほか、被災地の子どもたちがこれまでどおりスポーツを楽しむための活動資金として使われる。

 JPFAの会長を務めるサンフレッチェ広島の佐藤寿人は、「このたびの熊本地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害にあわれた方々へお見舞いの言葉をお伝えしたいと思います。スポーツには、人を動かす大きな力があると信じています。東日本大震災の時も、ファン、サポーターの皆様、協会、リーグ、国内外の選手が1つとなり大きな支援の輪が生まれました。今回は、競技の枠を超えプロ野球選手会と共同でより大きな支援の輪を作り、1日も早い『復興』をめざし、被災地の子どもたちが安心してスポーツを続けられるような環境を整えたいと思っています。プロ野球選手会とは、今後も情報を共有しスポーツの力を通じて社会に貢献できる活動を続けていきたいと思います。皆様のお気持ちが、被災地の方々への力強いエールとなり、温かい励ましとなります。継続したご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます」と支援を呼びかけた。

▼「日本プロ野球選手会」×「日本プロサッカー選手会」熊本地震 チャリティーオークション/ヤフオク! 公式サイト
http://topic.reu.auctions.yahoo.co.jp/notice/kumamoto-projects/jpbpa_jpfa.html

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る