FOLLOW US

ナイキが主催するフットボール大会「WINNER STAYS 激戦上等」が都内で開幕

ナイキが主催する大会「WINNER STAYS 激戦上等」が開幕し激戦が繰り広げられた

 10日、ナイキが世界29都市で同時開催する超攻撃的な変則ルールのフットボール大会「WINNER STAYS 激戦上等」が都内で開幕した。

「無難を選ぶな。リスクを冒せ。」のテーマを掲げる今大会は、ナイキの「リスク上等」キャンペーンの一環として、GKなしの4対4という変則マッチが組まれた。制限時間5分の中で、最初のゴールを決められたチームは1人が退場となり4対3での試合を続行し、次のゴールを決めたチームが勝利を手にする。さらに、勝ったチームはピッチに残って次のチームを迎え撃ち、敗者は最後尾に並んで再び試合機会を待つという、まさしく激戦必至の勝ち残り戦だ。満13歳以上であれば誰でも参加可能ということで、会場には関東の猛者が集結した。

 この日の会場はフィスコフットサルアレナとしまえん。セッション1とセッション2が各3時間に渡って行われ、EMP FCが1セッションあたりの最多勝利を収めた。今大会は都内や近郊のフットサル場12会場で予選ラウンドを行い、各会場の1セッションあたりの最多勝利チームが決勝ラウンドへと進出する。同会場では25日にもセッション3、セッション4が予定されているため、EMP FCが現時点で暫定トップに立った形だ。

 EMP FCは都内のスポーツショップで働くスタッフ4人で構成されたチーム。17試合で15勝を挙げ、セッション1で最多勝利チームとなった。彼らは、「こんな大会は初めてで本当に面白くて、最初は切り替えのスピードが早くてとまどったけど、めちゃくちゃ楽しかった。テクニックが高いチームには苦戦しながらも、(1点取られて)3人になってからはリスクを背負ったプレーを意識した」と激闘を振り返った。

 大会は6月1日まで各会場で予選ラウンドが行われ、6月7日に表参道で決勝ラウンドが開戦。決勝ラウンド進出チームにはナイキからユニフォームやシューズのカスタマイズプロダクトが提供されるだけでなく、ナイキアスリートによって結成されたドリームチームに挑戦できるチャンスも手にする。

 各予選ラウンドには何度でも参加でき、全参戦チーム中の最多勝利チームにも決勝ラウンドの出場権が与えられるため、出れば出ただけ可能性は広がる。事実、この日も多くのチームが両セッションに参加した。激戦はまだ始まったばかりだ。誰でも参戦できる「WINNER STAYS 激戦上等」に挑んでみてはどうだろうか。

「WINNER STAYS 激戦上等」のエントリーやルールなどの詳細情報は「リスク上等」キャンペーンサイト(http://nike.jp/winnerstays)で確認できる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA