FOLLOW US

圧巻の7連勝! 3x3FOOTBALL BATTLE Vol.2を制したのは「FC oneonone」

[写真]=松岡健三郎

 緊急事態宣言により開催が1カ月伸びた『3x3FOOTBALL BATTLE Vol.2』が快晴の中、開催された。

 小さいコートの中で繰り広げられる3人制のスモールサイドフットボール。テクニック、フィジカル、駆け引きを巧みに駆使し、ゴールを狙う。勝者が残り続け、多くの勝利をあげたチームがチャンピオンとなる。

 ルールを簡単におさらいすると、スモールフィールドにミニゴールを設置、3対3の3分間マッチ。2点先取したら、その時点で勝利。同点の場合は両チーム敗退となる。⼤会時間内の2時間で一番多く勝利したチームが優勝だ。

 ただ、今大会はそれにプラスして「エクストラバトル」が登場。参加費とは別にお金を払って、大会が用意したスペシャルチームと対決を挑む。ルールは同じだが、スペシャルチームに勝てば2勝分のポイントが加算されるビックチャンス! 何度でもチャレンジできるがゆえに、ここで勝利を重ねられれば優勝への近道となりえる。

[写真]=松岡健三郎

 梅雨時期ということもあり、前回大会同様、天候が心配されたが、この日は快晴。気持ちよく汗を流すプレイヤーたち。しかし、前日の雨でピッチが濡れているため、足を滑らせたり、ボールが滑るなど、思わぬミスから失点に直結してしまうシーンもあった。そのくらい一つのミスが命取りになるのが3×3フットボールだ。

 前回優勝した「CTRZ」がオープニングゲームから登場、3連勝で幸先の良いスタートを見せる。王者と2戦目に対戦したのが、人気フットボールユーチューバーの「リゼム LISEM CHANNEL」のメンバーからなる「リベルタス合同会社」。初の3×3に戸惑ったようで、王者の前にあっけなく敗退。

 しかし、サッカーエリートが集まるリベルタス合同会社は4連敗してしまったのちに、4連勝するなど、すぐにアジャストし、能力の高さを見せた。「サッカーとも違う、フットサルとも違う、また別の特徴のゲームなので、スタートが難しかったですね」と話しながらも、結果9ポイントの3位で終え、結果発表時も驚きの結果となったようだ。

 この模様はYouTube「リゼム LISEM CHANNEL」で配信予定。

[写真]=松岡健三郎

 大会2時間の中で何度もエントリーができて、2コートにわかれて順番を待つため。どちらに強いチームがいるか、いつ移動するかの駆け引きも勝利を重ねるポイントとなる。さらには今大会新設された「エクストラバトル」で、いわゆる“課金”でワンチャンを狙うか。しかし、エクストラバトルのハードルは想像以上に高かった。

 そのスペシャルチームは、元フットサル日本代表・稲葉洸太郎。日本屈指の卓越した技術を持つストリートフットボーラー“K”。そして、北京オリンピック日本代表にも選出されたプロサッカー選手の一柳夢吾の3名。この3選手が最高のバランスを見せ、得点こそ奪われる場面は数回あり、引き分けの試合があったものの、12試合して負けはゼロ。勝たなければ「2ポイント」獲得とはならないため、どのチームもこのチャンスをモノにすることはできなかった。そのため、優勝戦線とは無関係のイベントとなってしまったが、なかなか体感できないトップ選手との対戦に「お金を払ってでも体験できてよかった」と話す選手も。

[写真]=松岡健三郎

 現在も海外でのプレーを目指して、現役を続ける一柳さんは「久しぶりの緊張感ある戦いができて楽しかったです。初めて3×3をプレーしましたが、ヴェルディ時代の練習を思い出しました。サッカーとは違いますが、サッカーに必要な要素はたくさんあって勉強になりました。(稲葉・Kの)お二人がうまかったので、とてもやりやすかったです」。

 また相手もうなるテクニックで“#アソビタオセ”ていたKは「止めて・蹴る技術はみなさん高かったですが、正直にプレーしすぎていた感じですね。ちょっとしたタイミングのズレを生むと、パスが通ったり、シュートが決まったりします。そこは稲葉さんがとても上手でしたね」と、一般チームとの違いを解説してくれた。

 大会に話を戻すと、優勝を飾ったのは「FC oneonone」。こちらも一柳さんと同様に海外でプレーを願う選手たちで、現在コロナ過で練習を共にするプレーヤーで結成したチーム。普段はサッカーしかプレーしておらず、大会のボールもフットサルボールだったため、すべてがいつもと違う環境だったにもかかわらず、海外を目指すだけあって、どんな環境にもすぐにアジャストしてみせた。

「やるからには優勝を目指していましたが、まさかですね。一つずつ勝ちながら、戦い方の正解を見つけていった感じですね。コツコツやっていたら優勝できました。10万円は4人で分けたいと思います」と、今大会最多の7連勝するなど16ポイント獲得。2位の「CTRZ」に3ポイント差をつけ、大会をアソビタオセたFC oneononeが見事優勝賞金10万円をゲットした。

 これで終わらないのが、この大会! 賞金10万円を倍にできる「ダブルアップチャレンジ」が待っている。スペシャルチームと対戦して勝てば20万円ゲット。しかし負けてしまうと、20万円どころか、10万円も没収となり、思い出だけが残ることに。

 ちなみに前回はダブルアップチャレンジに失敗して、賞金獲得なしで終わっている。今大会優勝した「FC oneonone」は、「チャレンジはしません!」と宣言し、10万円獲得して大会が終了。

 「エクストラバトルで戦ってみて、これは無理だと思ったので、確実に(10万円を)いただくことにしました」とビックチャンスより現実的は判断を選んだ。これも海外で戦うためには必要な要素かもしれない。

 次回大会は8月ごろに開催予定。詳細は3x3FOOTBALL オフィシャル Instagramから。
https://www.instagram.com/3x3football_official/

写真・文=松岡健三郎

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO