2018.04.24

【バルサ復活のキーマン④】イヴァン・ラキティッチ「指揮官の理想を体現するオールラウンダー」

[写真]=Getty Images
注目クラブ、テーマをピックアップし、多角的に掘り下げるワールドサッカー誌。チャンピオンズリーグやワールドカップなどの特集企画も掲載。幅広い海外サッカーファンに向けたワンテーママガジン。

 今シーズン、メッシの44試合を上回るチーム最多の公式戦46試合に出場。この数字だけでも、バルベルデ監督からの信頼度の高さがうかがえる。 昨シーズンまでは“MSN”を最大限に生かすというチーム事情もあり、守備に奔走。「チームが第一」というラキティッチはその役割を全うしたが、リーグ戦12得点12アシストを記録したセビージャでのラストシーズンのように、本来は攻撃能力に特長を持つ。物足りなさがあったのは否めない。

 転機となったのは、4-4-2が導入されたことだった。プレーエリアを右サイドから中央に移したことで、ボールに関与する回数が増加。得点とアシストの数は昨シーズンより少ないものの、パス成功率は90パーセント以上を誇り、ピッチ上での存在感を増した。また、S・ブスケツが欠場した試合では代役として“ピボーテ”もこなし、エル・パイース紙が「トータルMF」と称したように、攻守のリンクマンとして不可欠なピースであり続けた。「とても重要な選手で、常にバランスを与えてくれる。そのうえ天秤のようでいて、得点、戦術理解、ハードワークのすべてを持ち合わせている。彼がいるのは贅沢なことだ」。指揮官は賛辞を惜しまない。

 今シーズンもスポットライトを浴びたのは数えるほど。だが、チームが安定飛行を続けられるのは“背番号4”の存在があったからに他ならない。本人にとっても、バルセロナに加入して最も充実したシーズンのはずだ。

ワールドサッカーキング2018年5月号 『バルセロナ-異端の美学-』

[主なコンテンツ]

2017-18シーズンのラ・リーガで快進撃を続けるバルセロナを特集。現在のチームに加えて、バルサの華麗なスタイルを生み出したジョゼップ・グアルディオラ、ヨハン・クライフの時代も特集にまとめています。ジェラール・ピケ、アンドレス・イニエスタのインタビューも必読! 第2特集はプレミアリーグ。特別付録はオリジナルWCCFカードです!

  • 版型/頁数:A4変形・98ページ
  • 発売日:2018年4月12日

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る