FOLLOW US

[苦しさを乗り越えて] 山田直輝 自信を取り戻し「勝負の年」へ②

長期離脱から復帰し、昨シーズン終盤は完全復活を印象付けた。リーグデビューから10年目にして念願の開幕戦出場を果たした山田直輝は、二つのきっかけから、かつての自信に満ちたプレーを取り戻した。準備は万端。高いモチベーションで「勝負の年」に挑む。

Jリーグサッカーキング5月号[湘南ベルマーレ特集]共走-KYOUSOU-

楽しみと苦しさがあった2年間。人間としてとても成長できた

今シーズンのチームスローガンは《共走》です。この言葉のイメージや、自分がやろうとしていることを教えてください。

「共に走る」というスローガンですけど、曺(貴裁/監督)さんの言うとおり「きょうそう」にはいろいろな捉え方があります。「競い争う」と書く「競争」もありますし、「今日を走る」と書いて《今日走》ともできる。そのすべての言葉がベルマーレらしいと思います。一人も欠けることなくみんなでともに走る、毎日みんなで競い合って高め合う、今日を全力で走る。どれも好きな言葉ですけど、僕は「今日を走る」の《今日走》が一番気に入っています。曺さんがいつも言っている「今日できることは今日やる。本気でやったことは自分にとってマイナスになることはない。必ずプラスになる」という言葉は、本当にそのとおりだなと。僕自身も、無駄だと思うことでも、本気で取り組めば明日の自分にとってプラスになると思っています。

そういった考え方は曺監督の下で身についたのでしょうか?

そうですね。開幕戦ではうまくいかなかったこともありましたけど、毎日全力で練習して100パーセントに近い準備ができたので、自分のパフォーマンスが出せなくても割り切れたというか。今までの自分なら「何でできなかったんだろう」って考え込んでたんですけど、「やれることをやったんだから仕方ない」と思えるようになりました。いい意味で気持ちの切り替えができるようになったと思います。

曺監督の指導や日頃の練習によってメンタルが鍛えられたのかもしれないですね。

そうだと思います。今年の開幕までは、空いている時間のすべてをサッカーのために使うことができましたし、それでダメだったら運がなかったと考えられるようになりました。もちろん良くなかった点は反省しますけど、いい意味で割り切って次の練習に全力で臨めるのは良いことだと思います。

後悔することはない?

そうですね、不思議と(笑)。でもそれがベルマーレのメンタリティなんだと思います。曺さんがそうなんですよ。相手が予想外のフォーメーションを使ってきて自分たちが負けた時、「俺はこの試合に勝つために100パーセントの準備をした。だから負けて悔しいけど後悔はしない」と言ってたんです。その言葉が自分の心に残ってて、影響を受けました。この考え方が曺さんのスタイルであり、ベルマーレのスタイルなんだと思います。

選手にもそのメンタルが染み込んでいるんですね。

すぐには慣れなかったですし、変われなかったですけど、僕も3年目でようやく曺さんの考えが染み込んできました。

まだ26歳ですが、今シーズンはリーグデビューから10年目の年になります。

あっという間でしたね(笑)。もう10年なのかと。あと10年経ったら36歳なので、現実的に考えてキャリアの半分は越えてますからね。

なぜそんなに早かったんだと思いますか?

過ぎたからじゃないですか(笑)。10年って考えると長く感じますけど、もう過ぎた10年ですからね。正直、この10年は振り返ると後悔ばかりです。今の気持ちやメンタル、サッカーへの姿勢で同じ10年を歩めるなら後悔ではなく納得の10年を過ごせると思いますけど。大ケガをして試合に出られなくても、しっかりと準備をしていたなら「これが運命だった」と割り切れたかなと。まだがむしゃらにやらなきゃいけない年齢ですけど、今の自分ならこれからの10年は後悔などせず、胸を張って過ごせると思います。

その素晴らしいメンタルを手に入れたベルマーレでの2年はどんな時間でしたか?

楽しさと……いや、楽しみと苦しさが入り混じった2年間で、人間としてはとても成長できたと思います。

「楽しみと苦しさ」を具体的に言うと?

山田 なかなか自分の思うようなプレーができなくて、苦しみもがいてる期間がありました。その中で、曺さんの「今日本気であれば明日には絶対にプラスになる」という言葉から、楽しみを見つけられるようになったんです。曺さんはベルマーレに来た僕に、「これ以上、下に行くことはない。毎日を本気で楽しめ」とよく言ってくれました。それから自分の思い描く生活、プレーが少しずつできるようになってきて、苦しさから楽しみを見出せるようになってきました。今は「楽しみ」が多くを占めるようになってきましたか?

山田 「楽しみ」が「楽しめてる」に変わってきました。ちょっとしたニュアンスの違いですけど、それが「楽しんでる」に完全に変わることが理想ですね。これからもっと向上していく上で、さらに伸ばしていきたい部分は?

山田 シンプルにゴールとアシストです。さっきも目標に挙げましたけど、やっぱり一番分かりやすい結果なので。でも、その数字にとらわれ過ぎて、自分の持ち味を発揮できないのは良くないので、明確な目標というよりは胸に留めておくぐらいでイメージしています。

自分の中で今年は勝負の年。その気持ちが目標数字を生んだ
ベルマーレの勝利だけを100パーセント考えている

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO