2017.09.11

京都が横浜FMを下して3試合ぶりの白星/高円宮杯U-18プレミアリーグ

粘り強い戦いで京都が勝ち点3を手にした
サッカー総合情報サイト

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグ第12節が、9月9日、10日に全国各地で行われた。

 プレミアリーグEASTでは、京都サンガF.C. U-18がが横浜F・マリノスユースに2-1で勝利。3試合ぶりの白星を手にしている。2ゴールを決めて勝利の立役者となった京都の服部航平は「前半からチャンスがあったのですが、決めることができていませんでした。後半は絶対に決めようと思い、先制点の場面ではうまくミートすることができました。2点目の時もチャンスは来ると思っていたので準備を常にし、ゴールを狙っていました」と振り返り、「(2点目のアシストをしてくれた)財前選手とは日頃から仲がよく、試合中も僕のことを良く見てくれています。そのため、良いコンビネーションで崩すことができたと思います」とチームメートとのエピソードを明かした。

 横浜FMユースは3連敗。チームを率いる西谷冬樹監督は「最終盤に失点して負けてしまう形が3試合続いてしまいました。立ち上がりと最後を締めることができず、勝ちたいという気持ちや気迫を要所で出せなかったと思います。同点に追い付いてから、もう1点取るチャンスはありました。しかし、決めることができませんでした。そこも痛かったと思います。前半から相手に圧力を掛けられて、自分たちの持ち味を出すことができませんでした」と試合を振り返った。

 青森山田高校は大宮アルディージャユースを下してアウェイ3連勝。1点を積み上げた青森山田の郷家友太が通算8ゴールとして得点ランキングでトップに立った。5試合負け無しの清水エスパルスユースが首位を守っている。

◆プレミアリーグEAST第12節
9月9日(土)
横浜F・マリノスユース 1-2 京都サンガF.C. U-18
青森山田高校 2-0 大宮アルディージャユース
9月10日(日)
市立船橋高校 0-1 FC東京U-18
浦和レッドダイヤモンズユース 1-3 清水エスパルスユース
鹿島アントラーズユース 0-0 柏レイソルU-18

◆プレミアリーグEAST順位表
1位 清水エスパルスユース 27pt(8勝3分1敗)
2位 青森山田高校 25pt(8勝1分3敗)
3位 FC東京U-18 23pt(7勝2分3敗)
4位 鹿島アントラーズユース 22pt(6勝4分2敗)
5位 柏レイソルU-18 17pt(4勝5分3敗)
6位 京都サンガF.C. U-18 16pt(5勝1分6敗)
7位 大宮アルディージャユース 11pt(3勝2分7敗)
8位 浦和レッドダイヤモンズユース 9pt(2勝3分7敗)
9位 横浜F・マリノスユース 9pt(2勝3分7敗)
10位 市立船橋高校 8pt(2勝2分8敗)

 WESTは各地でゴールラッシュとなった。ヴィッセル神戸U-18は池田修志の2ゴールを含む3得点で、東福岡高校に勝利して3試合ぶりの勝ち点3獲得。2位サンフレッチェ広島F.Cユースは大量5得点を奪い東福岡高校を下した。ガンバ大阪ユースは神戸弘陵学園高校から4ゴールを奪って勝利している。

◆プレミアリーグWEST第12節
9月9日(土)
サンフレッチェ広島F.Cユース 5-2 東福岡高校
セレッソ大阪U-18 1-1 米子北高校
大津高校 1-4 阪南大学高校
ヴィッセル神戸U-18 3-0 アビスパ福岡U-18
9月10日(日)
神戸弘陵学園高校 1-4 ガンバ大阪ユース

◆プレミアリーグWEST順位表
1位 ヴィッセル神戸U-18 25pt(8勝1分2敗)
2位 サンフレッチェ広島F.Cユース 24pt(7勝3分1敗)
3位 セレッソ大阪U-18 22pt(6勝4分1敗)
4位 東福岡高校 20pt(6勝2分4敗)
5位 ガンバ大阪ユース 18pt(5勝3分3敗)
6位 米子北高校 12pt(3勝3分5敗)
7位 大津高校 12pt(3勝3分5敗)
8位 阪南大学高校 9pt(1勝6分5敗)
9位 アビスパ福岡U-18 8pt(2勝2分8敗)
10位 神戸弘陵学園高校 6pt(1勝3分8敗)

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
39pt
横浜FM
36pt
川崎F
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
40pt
山形
40pt
柏レイソル
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
北九州
29pt
藤枝
28pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング