2017.03.10

【静岡学園×MONARCIDA 2】新たな武器とともに進化する“静学スタイル”

サッカー総合情報サイト

 新たな武器とともに、静学スタイルを貫く。静岡の名門、静岡学園は初出場した76年度の全国高校サッカー選手権でドリブルとショートパスによる革命的なスタイルの攻撃サッカーによって準優勝し、95年度の同大会では全国制覇。近年も日本代表MF大島僚太(川崎F)ら突き抜けた技術を持つテクニシャンたちを輩出している「元祖・技巧派軍団」だ。

 そのスタイルは現在も超攻撃的。今冬の選手権では守備力の高いチームの台頭が目立ったが、静学は今年、その流れを止めて、個々の優れたテクニックとアイディア溢れるスタイルのサッカーで全国上位へ勝ち上がる。

 2月上旬、そのテクニシャンたちをサポートする“武器”が届いた。ミズノ社のスタッフたちが同校グラウンドを訪れ、繊細なタッチでゲームを組み立てる「テクニカルプレーヤー」へ向けて作成された『MONARCIDA 2 JAPAN』と試合の最後まで駆ける「アグレッシブプレーヤー」向きの『MONARCIDA 2 NEO JAPAN』の試し履き会を実施。スパイクへの足入れ中から「(足が)全然中で動かないです」というグリップ力への評価や、「今までのスパイクよりもボールが吸い付く感じ」という声が上がっていたが、トレーニングでも着用した新スパイクによってそのボールタッチの質は上がり、ステップワーク、ドリブルはキレを増した。

 今年の静学は、U-17日本代表MF渡井理己やMF中野龍、MF伊藤稜馬ら例年にないほどドリブルを得意とする選手たちが揃う世代だ。川口修監督も「静学スタイルをどんな相手にもできる素材がある」と期待。自分たちの特長、静学スタイルをより引き出す“武器”を加えたことでその攻撃力は破壊力を増すはずだ。渡井は「今年は攻撃が結構多彩で、個性あるメンバーが多い。スタイルを崩さずにやっていきたい」と宣言し、中野は「目標は全国で日本一取ること」と誓う。どんなに守備の堅いチームが相手でも、静学スタイルを貫き、個人技とコンビネーションで穴を開け、観衆を沸かせてゴールを破る。

静岡学園の選手が『MONARCIDA 2』を試し履き



■GK 高野 由比人
『MONARCIDA 2 NEO JAPAN』を履いた感想を
以前、『MORELIA NEO』を履いたことがあったんですけど、このスパイクは足首のところが固定されていて動かないので、GKとしても足が中でズレないのは良いことなので良かったです。

『MORELIA NEO』と同じアウトソールでグリップのところに特長がある
普段からスパイクを選ぶ時は、スタッドがしっかり芝に刺さる感じとかで決めるんですけど、これは芝にしっかりと刺さってくれるので良いと思いました。しっかり芝に食い込む感じがあって蹴りやすかったです。

このスパイクを履くと、どのようなプレーが可能になる?
静学は後ろから繋ぐので、ビルドアップにしっかり参加してプレーできることに繋がると思います


■DF 渡井 夏望
『MONARCIDA 2 NEO JAPAN』を履いた感想を
「足にフィットして、自分はDFなんで複雑な動きが多いんですけど、それがスムーズにできるような感じがありました。切り返す時とかに(スタッドが)しっかり刺さるというか、足の中でブレがない。

プレーしていてストレスがない
やっている感じも、自然に行えるというか、違和感というのがないですね。

違和感なくプレーできることによって、どのようなプレーができる?
ディフェンスの時の1対1の対応とか、インターセプトとか、一瞬の加速力に繋がると思います。

かかとの部分がホールドされている特長があるが?
かかとが固定されるので、よりフィット感があります。


■DF 東山 達稀
『MONARCIDA 2 NEO JAPAN』の軽さやフィット感、グリップ力の印象は?
自分は足幅が広くて、キツかったりすることがあるんですけど、このスパイクはフィットしますし、軽いんで素足でやっている感じで全然気にもならないし、かかともしっかり固定されているので全然ズレないし、やりやすいです。

かかとに特長があるスパイク
今、自分が履いているスパイクよりは硬くて固定されているのでズレなくて。今履いているスパイクは痛い時があったりするんですけど、このスパイクは履きやすいです。

ボールタッチはどう?
凄い素足でやっている感じなのでやりやすいですね。自分はクロスとかが特長なので、良いクロスが上げられそうですし、パスも一個一個丁寧に出せそうです。

普段スパイクを選ぶ条件は?
履いてみてやりやすいとか、履きやすいとか、縦の長さが合っているかとかですね。


■MF 伊藤 稜馬
まずは『MONARCIDA 2 JAPAN』を履いた感想を
インソールがしっかりしているので、次の動作へ移りやすいです。踏ん張りがきくので、次の動作の一歩目が速く出るんでいいと思いました。

グリップの部分は普段履いているスパイクとどう違う?
インソールの摩擦が効くので、今までのスパイクは大事なところで滑っちゃったりしたんですけど、このスパイクに関してそれがないと思います。

それによって自分のどのようなプレーを引き出せる?
自分は一瞬のスピードとかが得意なので、それがもっと活性化するというか、もっと速く行けると思います。


■MF 河口 雄太
カンガルー皮革の『MONARCIDA 2 JAPAN』。わずかなプレーでも他と違う感覚がある?
自分の足にちょうどフィットする感じでした。履いていれば自分の足にいい感じで馴染むと思います。

細かい部分の技術が武器だが、ボールタッチについてはどうだった
ボールタッチは吸い付く感じでした。あと、ボールタッチもそうなんですけど、キックもソールが入って自分のいいところに当たってくれるんで良かった。

トラクションについては?
凄く良いです。踏み込みがいいです。


■MF 中野 龍
『MONARCIDA 2 JAPAN』の履き心地、ボールタッチについて教えてください
足が引き締まる感じでボールも吸い付く感じで良かったです。しなやかなタッチがよりできるようになっているし、皮の柔らかさによって引き締まっている感じです。

足中の動きはどうだった?
ズレないし、足が中で動かないです。

ボールタッチにはこだわりがあると思うが?
ボールタッチで今までのスパイクよりも吸い付く感じがあります。


■MF 渡井理己
『MONARCIDA 2 JAPAN』を着用した感想を
『MORELIA 2』と同じソールなので普段自分が使っているものと一緒なので、履き心地は普段と変わらなくて良かったです。(足裏が)広い感じがあるので、足にフィットして良いです。

足入れの時はどうだった?
入る時に締まっているので、MORELIAよりも足が動かなくてフィットしていると思いました。

ボールタッチと踏ん張りのところにも特長があるスパイクだが
普段使っているのとあんまり変わらない感じがあるし、それ以上に感じるところもあります。

このスパイクを履くとどのようなプレーができそう?
細かいところでのボールタッチがもう少し活かせるかなと思いました。

■MONARCIDA 2 NEO JAPAN
試合の最後までピッチを駆ける「アグレッシブプレーヤー」へ。


MORELIA NEO Ⅱの“軽量性”を部活生プレーヤーへ。カンガルーレザー使用の日本製モデル。

商品情報
■品番 P1GA1720
■価格 ¥15,500 (税抜)
■サイズ 22.0~28.5cm
■甲材 人工皮革・天然皮革(ウォッシャブルカンガルー)
■底材 合成底
■質量 約200g(27.0cm片方)
■原産国 日本製
■カラー 09:スーパーホワイトパール×ブラック×イエロー 01:ブラック×ホワイト×フラッシュオレンジ

厳選された柔らかな、カンガルーレザー
カンガルーレザーの採用で、より自然に足の型にフィットします。

履き込んでも革が伸びにくい、アシンメトリーステッチ
内側ステッチは、ボールタッチに最適な感覚を。外側ステッチは、練習で履き込んでも革の過度な伸びを抑え、足の踏ん張りをサポートします。

わずか200g(※)の徹底軽量モデル
手に取った瞬間に感じる軽量性が、長時間の練習や、試合の最後の1秒までプレーヤーのフットワークをサポートします。
※27.0cm片方

ホールド感とフィット感を両立する、ダイナミックフットカウンター
ヒールカウンターとソールを一体化することで、優れたかかとのホールド感を実現。またカウンターの硬度を2層にすることで、横方向への動作時の足当たりをスムーズにしました。

吸い付くようにフィットするヒール部
履き口の内側を足に沿うようなゆるやかなカーブを形成する構造にすることで、曲線にしっかりとフィットします。

ピッチに刺さりやすいアウトソール
MORELIA NEO Ⅱと同じアウトソールをMONARCIDAシリーズに初搭載。耐久性の向上と共にスタッドトップとベース部の段差を無くした設計で、より自分の思い通りにプレーできるようサポートします。

従来品(※)の約2.5倍のグリップ性能をもつ、ZEROGLIDEカップインソール
表面のグリップ性を高めることで、シューズ内での横方向への足のズレを抑え、シューズと足の一体感を高め、キレのある動きをサポートします。
※従来のミズノ製インソールとの比較

■MONARCIDA 2 JAPAN
繊細なタッチでゲームを組み立てる「テクニカルプレーヤー」へ。


MORELIA Ⅱの“包み込まれるようなフィット感”を部活生プレーヤーへ。カンガルーレザー使用の日本製モデル。

商品情報
■品番 P1GA1721
■価格 ¥13,500 (税抜)
■サイズ 23.0~29.0cm
■甲材 人工皮革・天然皮革(ウォッシャブルカンガルー)
■底材 合成底
■質量 約235g(27.0cm片方)
■原産国 日本製
■カラー 62:スーパーホワイトパール×レッド 01:ブルー×ホワイト

柔らかでスムーズな足入れ感
MORELIA Ⅱと同じ足形で成型し、カンガルーレザーを使用することで、柔らかで自然な足入れ感を実現しました。

大幅な軽量化を図った、MORELIA Ⅱと同じアウトソールモールドを採用
アウトソールの設計を見直し、大幅な軽量化を図ったMORELIA Ⅱのアウトソールモールドを採用。足裏の形状に沿ったラウンドをつけることで特に足裏から土踏まず部分のフィット感を向上させました。

履き込んでも革が伸びにくい、アシンメトリーステッチ
内足形に合わせてステッチパターンを最適化。内側ステッチは、ボールタッチに最適な感覚を。外側ステッチは、練習で履き込んでも革の過度な伸びを抑え、足の踏ん張りをサポートします。

詳細はこちら→http://www.mizuno.jp/football/monarcida2/?cid=fbsk20170310001

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る