FOLLOW US

采配ズバリ! 名古屋が見事な逆転勝利で“王者”広島撃破、ルヴァン杯2連勝

2023.03.26

 JリーグYBCルヴァンカップ・グループC第2節が26日に行われ、サンフレッチェ広島名古屋グランパスが対戦した。

 ともに第1節は白星。“王者”広島のミヒャエル・スキッベ監督は直近のリーグ戦から先発を7人変更し、U-21選手枠は再び棚田遼に。一方、リーグ戦で好調を維持する名古屋は、直近のFC東京戦から6人スタメン変更。日本代表選出の藤井陽也に代わって丸山祐市がピッチに立ち、古巣対戦の野上結貴らとともに最終ラインを形成。U-21枠には甲田英將が選ばれた。

 試合の均衡が破れたのは29分、広島が先制する。右サイドを突破した満田誠がピンポイントのクロスを供給。ペナルティエリア手前でボールを収めた川村拓夢が左足を振り抜き、ゴール左下へと突き刺した。

 1点ビハインドで折り返した名古屋の長谷川健太監督は、57分に3枚替えを敢行。米本拓司、森下龍矢、永井謙佑を投入すると、この采配が見事に的中した。まずは61分に試合を振り出しに戻す。米本がボール奪取からパスを送り、ペナルティエリア左で受けたのは森下。ドリブルを仕掛けてから右足を振り抜き、ゴール右下へと流し込んだ。さらに63分、米本のスルーパスに抜け出した永井が相手GKとの一対一を制し、名古屋があっという間に逆転する。

 広島は68分、フリーキックの流れから佐々木翔がゴールネットを揺らしたものの、これはオフサイドで得点認められない。その後も名古屋の堅い守りに苦しみ、最後まで同点ゴールが遠い。

 試合はこのまま終了し、名古屋が連勝スタートとなった。ルヴァン杯第3節は4月5日に行われ、広島は敵地でヴィッセル神戸、名古屋はホームで横浜FCと対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 1-2 名古屋グランパス

【得点者】
1-0 29分 川村拓夢(広島)
1-1 61分 森下龍矢(名古屋)
1-2 63分 永井謙佑(名古屋)

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO