2018.10.27

GK飯倉大樹、17年ぶりの優勝逃し「自分たちのサッカーできなかった」

飯倉大樹
タイトルを逃し悔しさを語った飯倉大樹 [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 「悔しいというか……悔しい」。うつむき掛けた顔を必死に上げて、飯倉大樹が続ける。「悔しいという言葉が正しいかどうかは分からないけど、自分たちのサッカーが決勝で、特に前半でできなかったことがすべてだったと思う」。

 横浜F・マリノスにとって17年ぶりの優勝を目指した2018JリーグYBCルヴァンカップの決勝戦。今季のリーグ戦では一度も負けていない湘南ベルマーレが相手だった。

「今年負けていないし、点も取れている。何となくできるんじゃないかなというので試合に入って。最初の相手の勢いにのまれて、ああいう思い切りのいいシュートを打たれた」

 立ち上がりから何かがうまくいかなかった。リーグ戦の終盤に差し掛かり、取り戻した“らしさ”が鳴りを潜めた。いつもならサイドで数的優位を作り、そこからゴール脇にできるスペースを使いながら相手ゴールに迫っていくが、守備時には5バックになる湘南にはそのスペースがなかった。飯倉は後ろから「中を使え」と扇原貴宏や両サイドバックに声を掛けたが、なかなかリズムを取り戻せなかった。

「あえて中に突っ込んで行って、そこでやり切ったり。そこで取られても、すぐに取り返してショートカウンターにできるような、うまく行っていない時に誰かが変えるというか、リードする選手が出てこないときついかな」

 自らの声で、チームを好転できなかったことを悔やんだ飯倉。「今シーズンはリーグタイトルを取ることは(現実的には)難しいけど、このルヴァンカップのタイトルを取って『来年は』という意識を持っていた。自分たちのこのサッカーでタイトルを取るという意味で、もっと成長しなければいけない」と唇を噛み締めた。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
大宮
52pt
京都
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る