2015.10.31

就任3カ月で初タイトルの鹿島指揮官「選手が90分戦ってくれた」

石井正忠
ナビスコ杯を制し花束を受け取った鹿島の石井正忠監督 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 2015Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝が31日に行われ、鹿島アントラーズが3-0でガンバ大阪を下し3年ぶり6度目の優勝を遂げた。鹿島を率いる石井正忠監督が試合後の会見で喜びを語っている。

 試合は序盤から鹿島が主導権を握ったが、G大阪も粘りを見せ、前半は0-0のまま折り返す。すると後半にセットプレーから待望の先制点を奪った鹿島が、終盤さらに2得点を追加して、3-0と快勝した。

「G大阪を相手にするにあたって拮抗した戦いになると思っていました」と話した石井監督は「カウンターの部分では(相手に)勢いがあって、そこをうまく失点しないでいけたのがよかったです。後半は前掛かりになってくるだろうし、攻撃の恐さはあったが、DF陣や前線からの守備がきいていて、うちらしい展開で試合を終えることができたと思います。リーグ戦のホームゲームでG大阪に立ち向かっていってやられてしまったが、今日は本当に理想の形で終えられた」と試合を振り返っている。

 AFCチャンピオンズリーグで準決勝まで勝ち進んでいたG大阪は、過密スケジュールの中でこの一戦を迎えており、石井監督も「そういう部分はあったと思います」と相手が疲労を抱えていた可能性があると話し、「我々のプレスのかけ方も非常に良かったですし、ガンバが普段とは違う形で来ているなとは思いました」と述べた。

 石井監督は今年7月、トニーニョ・セレーゾ監督の解任に伴いチームを引き継ぐと、就任から3カ月で初のタイトルを勝ち獲った。「本当にうれしかったという気持ちが正直な気持ちです。試合が進むに連れて攻撃の部分がどんどん出せたので、今日は勝てるなという気持ちになっていました。でも、監督ではなく選手の戦う気持ちが最初から出ていたと思います。これをリーグ戦でも天皇杯でも出したかったですけど、それができなかったのは僕の采配や指導法といったところに結びつくのではないかと思います。今日は本当に選手が、90分間足を止めずに戦う姿を見せてくれたと思います」と喜びを語るとともに、選手への感謝を口にした。

 また、直近のリーグ戦で湘南ベルマーレに敗れてから、どのように立て直したのかと問われると、「自分たちの攻撃、守備をもう一度やっていこうとトレーニングしました。でも一番は意識の問題。湘南戦は前半の入りがよくなくて相手に圧倒されたが、今日は逆に圧倒で来た。それがいい方向に結びついたと思う」と立ち上がりを意識していたことを明かし、その敗戦から学んだことが勝利につながったとの見解を示している。

 先制点のアシストを含め、3得点に絡む活躍でMVPに輝いたMF小笠原満男については、「満男は、前半は目立たなかったと思われるかもしれないが、僕の中ではこぼれ球の反応だったり、挟み込みは非常によくやってくれていた。後半オープンな展開になったことで目立ったのだと思う」と、試合を通して好パフォーマンスを見せていたと賛辞を送った。

 そして、現役時代から、勝負にこだわる“ジーコ・スピリッツ”やタイトルを義務付けられる鹿島アントラーズというチームをよく知る石井監督は、「満男がミーティングで言っていたが、ここで勝つのと負けるのとでは全然違う。そういう気持ちを選手がもっていることが重要だと思います。僕は現役時代活躍していないので、自分で勝ち取ったタイトルはないが、今いる、満男とかソガ(曽ヶ端準)、モト(本山雅志)とかの年代がチームにいることがすごく重要だと思います。彼らが、今までJリーグでアントラーズがタイトルをとってきた、積み重ねてきた部分を継承していると思います」と、“常勝軍団”と呼ばれた黄金期を知るベテラン選手の存在が重要だと語っている。

 最後に、監督として初のタイトルを勝ち獲った感想を聞かれ、「優勝はどの優勝でもうれしいなと思いました。立場は変わりましたが、そこはあまり関係なく、選手のみんなが喜んでいる姿、サポーターの皆さんが喜んでいる姿を見れば、本当に素晴らしいタイトルだと実感することができました」と喜びを表した。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る