2015.10.30

史上初2年連続の三冠達成へ…G大阪がナビスコ連覇で偉業へ弾みをつけるか

ナビスコ杯決勝の会見に臨んだG大阪の遠藤(右から2人目)と長谷川監督(右)
学生時代から全国のスタジアムへ通い続けてきた経験と人脈を生かして、Jリーグを取り巻くピッチ内外のネタを探り続ける。

 翌日にヤマザキナビスコカップ決勝を控えた鹿島アントラーズとガンバ大阪が30日、試合会場となる埼玉スタジアム2002で前日練習を実施。前年に同大会優勝をきっかけにリーグ戦、天皇杯という国内タイトルを総ナメにしたG大阪の長谷川健太監督は「今年も三冠のチャンスがある。まずは明日の試合でしっかり勝ちたい」と2年連続の三冠達成に意欲を見せた。

 今季はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)、スルガ銀行チャンピオンシップといった国際大会を含め、Jリーグで最もタイトなスケジュールを乗り越えてきたG大阪。残念ながらアジア制覇の夢は準決勝で途絶えてしまったが、今季もここまで国内3大タイトル制覇の可能性を残している。特に日本代表に多くの選手を送り出す中で決勝まで勝ち上がってきたヤマザキナビスコカップに関しては、指揮官も「今年もこの舞台に帰ってくることができて本当に幸せ。タイトな日程の中でいろいろな選手が出ましたが、チームの力を結集してここまで勝ち上がってきた。本当に選手を称えたい」と開口一番にコメント。決勝のピッチに立てる喜びを口にしながら、選手の奮闘を称賛した。

「三冠王者」というフレーズがついて回るG大阪だが、長谷川監督にとって前年のヤマザキナビスコカップが指揮官として初のタイトル。昨年はG大阪育ちの宇佐美貴史が優勝目前で感極まって涙を流したことが話題を呼んだが、監督にとっても記念すべき初タイトルだった。これで勢いに乗ったチームはリーグ戦で勝ち点を積み上げ、浦和レッズを大逆転の末に追い抜いてJ1王者に輝くと、そのまま天皇杯も制して三冠を達成した。チームとしても監督にとっても非常に験のいい大会と言える。

 この経験が大きな糧になっているのだろう。昨季の決勝前は「ガチガチだった」と振り返った一方で、「今もマジメに受け答えをしているんですが、時々『ボケようかな』と思っている自分もいる。大阪3年目にしてちょっとやばい傾向にあるかも」と会見場を笑いで包む余裕も見られた。

 今季のリーグ戦でファーストステージ、セカンドステージとも鹿島に勝利しており、「スキのないチーム。一瞬でも気を許せば失点してしまう」と気を引き締めながら、「ポイントを一つに絞るのは難しいが、それぞれのポジションで拮抗した戦いが繰り広げられると思うので、局面での戦いでも勝たなければいけない。自分たちのサッカーを1分、1秒でも多くできたチームが勝つ」と緊迫した展開を予想。その上で「鹿島とはいい試合になると思う。お互いの力を存分に出し合いながら、最後は連覇できるようにしたい」と意気込みを語った。

 J2をしっかりと勝ち抜き、そのまま三冠王者に輝いたG大阪のターニングポイントが、昨年のヤマザキナビスコカップ制覇だったのは間違いない。狙うは史上初となる2年連続の三冠制覇。年間3位でのチャンピオンシップ出場、そしてその先へ勢いをつけるために――。G大阪が偉業達成の第一歩として、ヤマザキナビスコカップ連覇を狙う。

 鹿島とG大阪が激突するヤマザキナビスコカップ決勝は、31日(土)13時05分キックオフ予定。試合は全国フジテレビ系列にて生中継される。

文=青山知雄

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る