FOLLOW US

まずはタイトル奪取…ロンドン五輪世代から刺激を受ける東の決意

同点弾を決めたFC東京の東慶悟(左)[写真]=三浦彩乃

 ヤマザキナビスコカップ予選第2節が28日に行われ、FC東京はアウェーで松本山雅FCと対戦。1-1で引き分けて予選Aグループの暫定1位を守った。33分にオウンゴールで先制を許したが、56分に東慶悟のゴールで同点とした。

 カップ戦とは思えぬ大入りのアルウィンスタジアムでJ1リーグ1年目の松本に先制パンチを食らった。33分に右サイドから岩上祐三がゴール前に送ったロングスローを東が頭で触れ、そのボールに対して前田遼一が相手と競ったが、不運にもボールはゴールネットに吸い込まれた。その後も相手の運動量を活かしたプレスやロングボールを多用した攻撃に手を焼いた。

 しかし、粘り強く相手の攻撃を跳ね返しながら迎えた56分、前田の浮き球のパスを相手DFが一度はクリアするが、エリア内で三田啓貴が頭でつなぎ、ボールは東のもとに。ペナルティーアーク内で落ち着いてボールをコントロールすると、右足でハーフボレーを放つ。シュートはゴール左に突き刺さり、試合を振り出しに戻した。

「打った瞬間入ると思った。リラックスして打つことができた。これからもどんどん狙っていかないと。常に言っていることだが、たとえ30分でも1分でも試合に出たら責任感を持ってプレーしないといけない。そのためにも練習から100パーセントで臨まないと」

 昨年はサッカー人生初の長期離脱を経験し、確固たる覚悟を持って臨んだ新シーズン。開幕戦はベンチスタートだったが、途中出場でチームに流れを呼び込むなど、マッシモ・フィッカデンティ監督の信頼を勝ち取ると、ナビスコカップ第1節のアルビレックス新潟戦で初先発。チームの今季初勝利に貢献した。さらにリーグ第3節のヴィッセル神戸戦からは2トップの一角として出場している。

「(リーグが開幕してから)一回も負けていない。引き分けたのはよかったかもしれないが、常に勝つという強い気持ちを持って戦わないといけない」

 前日にはヴァイッド・ハリルホジッチ新監督が率いる日本代表が、チュニジア代表と初めての試合に臨んだ。その代表メンバーにはロンドン五輪のチームメイトが8人も選出されている。当時の背番号「10」である東は2013年6月以降、サムライブルーのユニフォームから遠ざかっているが、かつての仲間から受ける刺激は少なくない。

「慌てず、まずはFC東京でタイトルがほしいと思っている。代表はもちろん入りたいが、FC東京でいいプレーができるように集中したい」

 東京発、世界行き。新たな気持ちでサッカーと向き合う東が、再び世界の舞台に立つのもそう遠くないかもしれない。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO