FOLLOW US

J代表としても奮闘した谷口が感じた手応えと課題「もう一つ上に行くためには…」

FIFAワールドカップカタール2022のラウンド16が5日に行われ、日本代表はクロアチア代表と対戦。1-1で迎えたPK戦の末に敗退が決定し、ベスト16の壁を突破することはできなかった。

 この試合に3バックの一角として先発した日本代表DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)は、「やっぱり悔しいですね。勝ちたかったし、勝ちたかったっていう思い以上のものはないです」と率直な思いを口にし、追加点を狙う中で前に行ききれなかったことを課題の一つに挙げた。

「向こうのパワーに押される時間帯が増えて、最小失点に抑えながらの戦いになってしまった。世界のトップ8に行くことを考えると、点を取り切る力を持っておくことが必要なんだなと、すごく感じました。ハードワークして守備をするところが世界に通用することは証明できたと思うし、もう一つ上に行くためには、どこでどうパワーを使っていくのかをもう一度やっていかないといけないと思いました」

 また、自身にとって初めてとなるW杯という舞台に関しては「すべてこの大会に向けてやってきました。出られない時期もきちんとした準備をやってきていきましたし、チャンスをもらえた時に自分のプレーをするという部分では思い切ったプレーができたと思います」と手応えを口にしたが、「目標はベスト8以上だったので、ここで勝って次に進みたかったというのが正直なところ」と、唇を噛んだ。

 そして、Jリーガーとして活躍できたことについても触れ、「勝手にですけど、そいう思いを背負ってこの舞台に挑戦してますし、いつもやっているようなプレーは出せたかなとは思っています」とコメント。「Jリーグで戦っている選手や、プロを目指している選手たちに勇気を与えられれば」と述べ、「すべては自分次第だよってことは伝えたいですし、何か目指すものをしっかり意識しながら地道にやり続けることが大事だということを身をもって感じられたのは良かった」と主張した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO