FOLLOW US

またもベスト8進出ならず…先制弾の前田大然「次のステージに進めなくて本当に残念」

ラウンド16のクロアチア代表戦で先制ゴールを奪った前田大然 [写真]=Getty Images

 日本代表FW前田大然(セルティック/スコットランド)が、5日に行われたFIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)のクロアチア代表戦を振り返った。

 過去最高成績となるベスト8進出を目指し、”難敵”クロアチア代表との大一番に臨んだ日本代表。43分にセットプレーの流れから前田の今大会初ゴールで先制した日本代表だったが、55分にイヴァン・ペリシッチに強烈なヘディングシュートを叩き込まれ試合は振り出しに。その後は一進一退の攻防が続き、両チームともに勝ち越し点を奪えないまま、試合はPK戦に突入。PK戦を3-1で制したクロアチア代表が準々決勝にコマを進めた。

 日本代表に先制点をもたらしただけでなく、快足を生かした前線からの積極的なプレスでクロアチア代表を苦しめた前田。試合後にインタビューに応じ、「たくさんの人の支えがあって僕はこの舞台に立てたので、色々な人に感謝したいと思います」と前置きしつつ、「支えてくれた人たちに恩返しする大会でしたけど、次のステージに進めなくて本当に残念です」とW杯の戦いを振り返った。

 応援を続けたファン・サポーターに対しては「日本は夜中ですけど、たくさんの人が応援してくれたと思っています。勝つ試合を見せることはできなかったけど、本当に感謝しています」と感謝の言葉を述べた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO