FOLLOW US

ブスケツ、日本代表に自信を与えた“一瞬”を悔やむ「この展開は予想できたが…」

2022.12.02

日本代表との一戦もフル出場したブスケツ [写真]=Icon Sport via Getty Images

 FIFAワールドカップカタール2022・グループE第3節(最終節)が12月1日に行われ、スペイン代表日本代表に1-2で敗れた。スペインメディア『マルカ』が、試合後のセルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)のコメントを伝えている。

 今大会初陣のコスタリカ代表戦で7-0と大勝を飾ったスペイン代表は、続くドイツ代表との一戦を1-1のドローで終え、日本代表戦を引き分け以上で終えれば決勝トーナメント進出が決まる状況だった。試合は12分にアルバロ・モラタ(アトレティコ・マドリード)のゴールで早々とスペイン代表が先制したものの、後半に入ると立て続けに2失点。最後まで同点弾を決めることはできず、試合はこのままタイムアップを迎えた。スペイン代表は今大会初黒星を喫したものの、初戦でゴールショーを披露した影響で、最終節を勝利で飾ったドイツ代表を得失点差で上回ることに。2位で決勝トーナメント進出を決めていた。

 試合を振り返ったブスケツは、「僕らは終始試合をコントロールしていたと思うが、相手はしっかりとカウンターアタックの機会を狙っていた。2位ではなく1位でグループを終えたいと思っていたから、結果は残念だ」と落胆した。一方、「大会はまだ続き、ラウンド16のモロッコ代表戦がすぐにやって来る。非常に難しい試合になるだろう」と、6日に控えた決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)のモロッコ代表戦にも触れている。

 続けて、ブスケツは「ライン間のパスをうまく封じられ、危険なエリアに侵入してチャンスを作り出すことができず、僕らは気持ち良くプレーできなかった」と語り、日本代表の守備ブロックを崩せなかった原因の1つに言及。「もちろん、試合前からこのような展開になることは予想できた」と話しつつも、「あの2ゴールは間違いなく日本代表に自信を与えてしまった」と、後半立ち上がりに喫した2つの失点が日本代表に勢いをもたらしたと述べている。

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
日本代表を応援!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO