FOLLOW US

スペイン撃破に歓喜も…吉田麻也は”次なる戦い”へ照準「もう一つ勝って、新しい景色を」

喜びを語った吉田麻也 [写真]=Getty Images

 日本代表DF吉田麻也(シャルケ/ドイツ)が、12月1日に行われたFIFAワールドカップカタール2022・グループE第3節のスペイン代表戦を振り返った。

 前半はスペイン代表に圧倒的にボールを保持され、12分にアルバロ・モラタのヘディングシュートで先制を許した日本代表。しかし、48分に高い位置でのボール奪取から途中出場の堂安律が同点弾をマーク。さらに51分には田中碧が三笘薫の折り返しを押し込み逆転に成功。その後は反撃をしっかりとシャットアウトし、グループE首位で2大会連続となる決勝トーナメント進出を決めた。

 歴史的勝利に「すごく嬉しいです。明日からまたみんなと一緒にサッカーができるのは本当に嬉しいです」と率直な感想を述べた吉田。続けて、スペイン代表に圧倒された前半について「前半は前線の選手にほとんどチャンスがなくて、我慢を強いられる時間が長く、申し訳ないと思っていました」とコメントしつつ、後半からの戦いについては次のように振り返った。

「ドイツ戦の経験から、0-1で行けば後半にチャンスがあるというのはみんなが考えていました。後半は前からプレスに行った中で、上手く律(堂安)が点を取ってくれて、もう一点取って畳み掛けることができました。その後はかなり長い時間守る形になりましたけど、リードしてブロックを作れば、スペインもドイツも崩すのは難しいというのは事前の分析でもありました。ブロックを作り、最後まで気を緩めず戦えたのは良かったんじゃないかと思います」

 優勝候補と目されていたドイツ代表とスペイン代表を撃破して手にした決勝トーナメント進出。ここからはかねてから目標に据えていたベスト8以上を目指す戦いが続く。吉田は「シンプルに嬉しいです」としつつ「自信を持てることだとは思いますが、あくまで自分たちの目標はベスト8の壁を破ることなので、ここで気を緩めず、満足せず、もう一つ勝って”新しい景色”を見たいです。それが日本サッカーの発展に繋がると思います」と”次なる戦い”に向けた意気込みを示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO