FOLLOW US

左SBとして奮闘…チームを鼓舞し続けた長友佑都「相手が強くなればなるほど自分の価値を示せる」

 『FIFAワールドカップカタール2022』の開幕を約2カ月後に控えた日本代表は27日、ドイツで行われた『キリンチャレンジカップ2022』でエクアドル代表と対戦し、0-0で引き分けた。試合後、左サイドバックとして先発し、守備面で奮闘した日本代表DF長友佑都FC東京)が自身のプレーを振り返り、手応えを口にした。

 攻守に力強さを感じさせるエクアドルとの対戦を終え、長友は「非常に良いチームでしたし、南米予選を勝ち抜いているだけのレベルと強度を感じました」と評価。その一方で、「何度も言いますけど、自分自身は相手が強くなればなるほど、自分の価値を示せると確信しているので、今日ももちろん課題はありますけど、負けないなと感じました」とも語り、最後のところで決定的な仕事をさせなかったことに自信を深めていた。

 苦しい時間帯が続いた前半に関しては「(三苫)薫が張っている分、僕が中に入ったりしていましたが、中盤の選手とかぶってしまったり、早く入り過ぎたりした部分があったので、そこの連携を話し合って修正しました」と語り、後半に関しては「明らかに良くなりましたし、相手のインテンシティが下がったのもあるんですけど、ポジショニングで勝負に勝てるところは多々出てきたと思います」と評価した。

 また、球際で強さを見せ、ガッツポーズなどを見せていたことに関しても言及。メンバー変更や相手のレベルが高かったこともあり、「難しい状況の時に、大したことのないプレーでも止めた後に鼓舞をするというか、自分自身に対してもそうですし、チームに対してもその姿を見せることは大事」と主張。「海外で戦ってきて、そういう選手を数多く見てきましたし、味方にいたら心強く、相手にいたら厄介だという僕の経験がある」と続け、反射的な部分もありつつ、半分は意識的なものであったことを明かした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO