FOLLOW US

前半の得点機をモノにできず…古橋亨梧が悔しさ滲ませる「1個のチャンスを決めきらないと」

 『FIFAワールドカップカタール2022』の開幕を約2カ月後に控えた日本代表は27日、ドイツで行われた『キリンチャレンジカップ2022』でエクアドル代表と対戦し、0-0で引き分けた。試合後、1トップとして前半45分をプレーした日本代表FW古橋亨梧(セルティック/スコットランド)が、自身のプレーを振り返り、悔しさを滲ませた。

 南野拓実をトップ下に置く形でコンビを組んだ古橋は、「拓実が間で受けるのが上手いので、スペースを空けるという意味では何回かチャンスを狙っていたんですけど、そのバランスがまだまだかなと思います」とコメント。連携不足を口にしつつ、前半の終盤に南野のプレッシングからボックス内で相手のパスを回収し、フィニッシュまで持ち込んだもののGKにゴールを阻まれた場面を悔やんだ。

 古橋は「あの1個のチャンスを決めきらないといけないですし、そこが大きな課題だと思います」と述べ、数少ないチャンスをモノにできるかできないかが明暗を分けるということを強調。W杯に向けては、「チームに帰って、また目の前のトレーニングから集中できるよう頑張って、結果を残し続けることがアピールだと思うので、チームに帰って頑張りたいと思います」と述べ、所属チームでのさらなる活躍を誓った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO