FOLLOW US

森保監督が“新たな顔”を見せた起用法に言及「試すことの1つだと思っていた」

 『FIFAワールドカップカタール2022』の開幕を約2カ月後に控えた日本代表は22日、ドイツで行われたキリンチャレンジカップサッカー2022でアメリカ代表と対戦し、鎌田大地と三笘薫のゴールにより2-0で勝利した。試合後、日本代表の森保一監督が記者会見に出席。様々なシステムを用いた理由などについて語った。

 この日の試合には、最終予選の途中から用いいていた「4-1-4-1」ではなく、「4-2ー3-1」を採用。トップ下にMF鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)を配したが、森保監督は「どうやって個の良さを生かせるかという意味で、中盤のボランチに(遠藤)航、守田(英正)、トップ下に(鎌田)大地で、個々の良さを出せる中盤の形だった」と述べ、システムありきではなく選手の特性に合わせた結果であることを強調。

 また、後半途中からDF冨安健洋(アーセナル/イングランド)を右サイドバックで起用したことについては、「所属チームで右サイドバックですし、オプションとするかはわからないですけど、今回のシリーズで試すことの1つだと思っていた。チームの戦う幅を広げるために、いろんな可能性を探る交代でした」と述べ、当初から予定していたものであることを明かした。

  そして、試合終盤に原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)をウイングバックに配する3バックを用いたことについては、「相手の形に少し合わせるような戦い方をして、そのままゼロに抑えながら試合を終える」ことを想定したものであり、「勝っているときには相手のやりたいことを抑え、負けていたらマッチアップする選手に圧力をかけるような戦いができると思います」と、その狙いを口にした。

 日本代表は今後、27日にエクアドル代表と対戦(20:55キックオフ)。本大会に臨む最終メンバー発表前最後の国際試合で、どのような戦い方を見せることができるのか、注目だ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO