FOLLOW US

4連戦で存在感を示した鎌田大地、W杯に向けて「個人の成長」と「耐える力」の必要性を語る

チュニジア戦に出場した鎌田大地 [写真]=金田慎平

 日本代表MF鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)が14日、オンラインでのメディア対応を行った。

 日本代表は14日のキリンチャレンジカップ2022でチュニジア代表と対戦。序盤から攻め込みながらも得点を奪えずにいると、後半にPKやミスから3失点を喫し、0-3で敗れている。

 この試合にインサイドハーフとしてスタメン出場し、度々ゴール前に顔を出してチャンスを創出した鎌田は、「奪ってからのカウンターは狙っていたし、そういったところが空くというのは前日ミーティングでも話がありました。今日はやりきれなかった部分があるけど、ああいったところに入っていけるのは他のインサイドハーフの選手にはないところだと思います」とコメントしつつ、「今日は自分が決めていれば、全然違った展開にはなっていたと思います。ああいったところに入る回数を増やして、決め切るということが必要だと思います」と反省点も口にした。

 チュニジア相手に感じた課題点については、「今日はめちゃくちゃ良かったわけではないけど、前半は相手にチャンスを作らせず、僕らが外してしまったけどビッグチャンスもあった。チームとしては悪くはなかったけど、決め切るとか守り切るという個人的な部分がまだまだ足りていないとは思いますし、そこはまだまだ成長できる部分だと思います」と、選手個々の成長が今後の課題であるとの認識を示した。また、ブラジルやチュニジアといったワールドカップ出場国から得点を奪えなかったことについては、カウンターを発動するための守備が重要であると主張した。

「今日もブラジル戦もチャンスシーンは奪ってからのカウンターだったし、相手のレベルが上がれば、僕たちは良い守備から良い攻撃という戦い方になると思います。ガーナ戦やパラグアイ戦は良い奪い方からショートカウンターでチャンスを作れていたし、自分たちのフィーリングも良かった。今日も上手くいっていない時間帯でもっと割り切って守備の仕方やプレッシャーの行き方を試合中に変えることはできたと思います」

 強豪との対戦を控えるワールドカップに向けては、「ワールドカップとか大きな大会では失点することが一番ダメ。相手が強豪国になればなるほど、『勝たないとダメ』というのもあってカウンターも決まりやすくなると思います。どれだけ0で抑えられるか、どんなに悪くても失点しないこと、耐える力が必要なのかなと思います」と、無失点の時間を長くすることが重要だとコメントした。

 FIFAランク1位のブラジルをはじめ、実力を持った4カ国との対戦を終えた日本代表。鎌田は4連戦を振り返り、「ボールを失わないとか、タメを作るとかそういった個人的な部分は成長できると思います」と自身の課題を述べつつ、「多くの人ができないと感じていたと思うインサイドハーフでプレーができる、ということを見せることができたとは思います」と、手応えも口にした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO