FOLLOW US

“らしさ”を発揮し代表初得点! 前田大然「自チームでも似たシーンがたくさんある」

途中出場でゴールを挙げた前田大然 [写真]=兼子愼一郎

 キリンカップサッカー2022が10日に行われ、日本代表がガーナ代表を4-1で下した。試合後、日本代表のFW前田大然(セルティック/スコットランド)がメディア対応に応じた。

 ベンチスタートだった前田は80分からピッチに立つと、早速見せ場がやって来る。82分、伊東純也(ヘンク/ベルギー)が縦へ抜け出すと、前田は持ち前のスピードを発揮してゴール前へ。最後は折り返しを押し込む形で、嬉しい代表初ゴールを記録した。

 初得点については「そこまで意識していなかった」と話しつつも、「パラグアイ戦で決定機を外していたので、次チャンスがあるかないかというところで戦っていた。今は本当にホッとしています」と率直な感想を口に。ゴールシーンは「純也くんも最後の最後までシュートを考えていたと思う。仮にシュートを選択したとしても、いつもあのような場面では突っ込もうと思っている。最悪どこかに当たればという感じです」と前田“らしく”振り返った。

 明治安田生命J1リーグで得点王に輝いた2022シーズンや、現在所属しているセルティックでも、今回のような形でゴールを量産している。「クロスに対して入っていくこと」は、横浜F・マリノス、そしてセルティックでも指導を受けるアンジェ・ポステコグルー監督から常々求められていることだ。前田は「自チームでもああいうシーンがたくさんある」と話しており、自分の得点の“型”を表現できたと感じているようだ。「あそこに入っていくのは自分の中で決めていること。勢いよく入って行けた」と話し、継続がゴールの要因だと語っている。

「初ゴールが遅かったですけど、自分がこれまでやってきたことは間違いじゃない。これからも自分なりにチームのために戦いたいと思う」

 前田の持ち味が発揮された部分は得点シーンだけではない。前線からのハードワークや果敢なプレスバックなど、わずかな出場時間ながら守備面でもチームに貢献した。「前線からの守備もクロスに入っていくところも持ち味なので、いつも通りやったという感じです」と語ったが、クラブとは異なる戦い方の中で自身の持ち味をアジャストしていく必要があるのも事実。前田自身も「そこは自分の課題」と感じているらしく、「試合を重ねるごとにチームの戦い方をもっと理解できれば、自然とチャンスも増えると思う。今は慣れながら精一杯チームのために戦いたい」とコメント。代表に招集された時間の中で適応していく姿勢を示した。

 また、前田はゴールを決めたかった別の理由にも言及。「娘が6月13日が誕生日なので、誕生日プレゼントじゃないですけど」と明かし、可愛い娘のためにも絶対にゴールを決めたかったという。愛する娘に捧げる代表初ゴールを「決められて良かったと思います」と喜んだ。

 次戦は14日に行われ、チュニジア代表と対戦する。キリンカップサッカー2022はトーナメント形式で行われていることから、「チームとしては優勝を目指している」と断言。「少しでも貢献できるように。ゴールもそうですけど、前線からハードワークする意識を持ってやっていきたい」と話した前田は、出場機会があれば自身の持ち味を存分に発揮するだろう。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO