FOLLOW US

苦しみながらもW杯出場決定…遠藤航の照準はすでに本戦へ「良い準備をして挑みたい」

遠藤の目線はすでに本戦に [写真]=Getty Images

 オーストラリア代表を下しFIFAワールドカップカタール2022の本戦行きを決めた日本代表の遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)が試合後のインタビューに応じた。

 日本代表は24日、アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦。雨の降る敵地に乗り込んだ日本代表は、スコアレスで前半を折り返すと、途中投入の三笘薫が試合終盤に2得点。2-0で勝利しワールドカップ出場を決めた。

 日本代表は最初の3戦で2敗とスタートダッシュに失敗。批判も多く寄せられたが、その後は持ち直して6連勝で本戦出場を決めた。遠藤は「6連勝は初めてくらいだと思います。持っている良さ、ポテンシャルはこれくらいあると思っていました。結果が出ないことはありましたし、最終予選は難しい戦いになることはみんなわかっていましたけど、自分たちの力を発揮でき、勝ち続けることは証明できたと思います」と苦しんだシリーズを振り返り、「これがスタートだと思うので、満足せずにそれぞれが所属チームでしっかり頑張って、やっていければいいのかなと」と改めて前を向いた。

 また、今回の代表選では合流の遅れた選手も多くみられ、コンディション面を含めた不安要素があった中でアウェイでオーストラリア代表という難敵を下した。同選手は「準備期間は多くないですけど、試合数はこなしてきているので、そこはポジティブだし、成長してきていると思います。もっと欲を言えば、ここから2ボランチのオプションを持つのか、他の選手を配置で試すのかということはありますけど、今は形を変えずにやり続けて、ある程度形は見えてきていると思うので、そこはポジティブだし、途中から入った選手の結果も出ているので、チームとして戦っていく上で大事だと思っています」と一定の手ごたえを感じている様子を見せている。

 さらに、遠藤はこの最終予選ではキャプテンマークを巻いた試合もありチームを引っ張ってきた。これまでのシリーズを通して自身の成長についても言及し、次のようにコメントしている。

「個人的にはワールドカップ後や、前回ワールドカップ出場を決めたときに上(スタンド)から見ていて、自分もここに立ちたいと思っていました。ワールドカップ後は特にボランチとしてポジションを奪うんだという意識でやってきて、それを実現できていることは成長は感じています」

「でも逆にイメージ通りというか、イメージしてきた未来ではあるので、最低限の仕事をこなせたイメージも一方であるし、ワールドカップで結果を出すために、自分はここでスタメンを取っているので、これからまたチームでしっかり頑張って、いい準備をしてワールドカップに挑みたいと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO