FOLLOW US

W杯行きの立役者…2得点で勝利に導いた三笘薫「今日にかける思いは大きかった」

三笘が試合を振り返りコメントした [写真]=Getty Images

 オーストラリア代表を下しFIFAワールドカップカタール2022の本戦行きを決めた日本代表MF三笘薫(ユニオン・サン・ジロワーズ/ベルギー)が試合後のインタビューに応じた。

 日本代表は24日、アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦。雨の降る敵地での試合だったが、試合終盤に途中投入の三笘薫が2得点を決め、最後まで無失点で耐え抜き無事出場を決めた。

 試合後三笘は、「この試合でワールドカップが決まるというシチュエーションはなかなかないですし、結果を出さないと価値を出していけないので、今日にかける思いは大きかったですけど、やることは変わらないですし、試合の持っていき方も変わらないです。そこまで緊張せずいつも通りやろうと思っていました」と投入前の気持ちを明かした。

 また、「ベンチのときはいつも徐々に強度を上げながら試合に入った時に全力が出し切れるようにしていますし、試合の流れを見ながらどういうプレーを選択した方がいいのかを考えながら見ています」とピッチの外でも集中していると語った三笘は「今日のような状況は自分としてはやりやすくて、前に行くだけだと思っていましたし、ベンチで見ていながら今日はどのくらいから出番があるのか探りながらやっていましたけど、メンタル的には焦っていなかったし、少ない時間でもやるしかないと思っていた」と豪胆な様子も見せている。

 三笘は東京オリンピック後に川崎フロンターレからブライトンに移籍。労働許可証の問題もあり現在はユニオン・サン・ジロワーズでプレーしているが、「世界の選手とやることで慣れというか、いろんな選手と対戦することで幅は増えましたし、自分にできることも増えましたし、そういったところで自信というのは日本にいるときよりは大きくなったかなと思います」と移籍がプラスになっている様子。さらに「僕自身も日本代表に定着していないですし、これからベルギーでも1試合1試合、練習でも一つひとつでも成長していかないと厳しいかなと思うので、これから始まる競争に勝っていけるようにしていきたいなと思います」と今後への意気込みを語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO