FOLLOW US

“オーストラリア・キラー”日本代表FW浅野拓磨「僕自身も自分に期待している」

前回の対戦で勝ち越し点となるオウンゴールを誘発したFW浅野

 ワールドカップのアジア最終予選に臨む日本代表メンバーに選出されているFW浅野拓磨(ボーフム)が21日、オンラインでメディアに対応。24日に行われるオーストラリア代表戦に向けた意気込みなどを口にした。
 
 日本代表は現在、アジア最終予選グループBで6勝2敗の2位に位置し、24日にアウェイでオーストラリア代表と、29日にはホームでベトナム代表と対戦する。勝ち点差「3」の3位オーストラリアとの直接対決に勝利すれば、自力でW杯出場を決めることができる状況だ。

 前回大会の最終予選ではオーストラリア相手にW杯出場を決めるゴールを決め、今大会も背水の陣で迎えた昨年10月の同カードで勝ち越しとなるオウンゴールを誘発するなど、“オーストラリア・キラー”とも呼べる活躍を見せている浅野は、「期待してくれている人も少なからずいるかなと思いますけど、僕自身も自分に期待していますし、自分が決めてやるという気持ちで準備をしています」とコメント。

 FW大迫勇也とFW前田大然のコンディション不良による不参加を受け、センターFWとして先発起用される可能性も考えられるが、「プレー時間にかかわらずピッチに立った時に自分ができることを表現するだけだと思っている。どうなるのかという楽しみはあるけれど、自分がやれる準備を全力でできたら」と語り、「状態はいいのでピッチに立てばやれる自信はあります」と力を込めた。

 また、広島時代にも指導を受けた森保一監督をW杯へという思いを問われた浅野は「何としても自分がW杯に行きたいという気持ちが強いので、人のことを考えられないくらいに自分のことに集中している。そこまで余裕はないので、結果的に監督をW杯に連れていくことができたって言えるように、まずは自分がW杯にいけるように100%の準備をしたい」と述べ、前回大会で落選を経験したW杯にかける思いの強さを口にした。

 W杯の出場がかかる大一番。「大舞台であればあるほど、自分の力が発揮されるのではないかと思っている」と語る“オーストラリア・キラー”の活躍に期待したい。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO