FOLLOW US

攻守に躍動した長友佑都が批判の声に感謝「自分にとってのガソリンであって必要なものだと感じた」

2022.02.01

[写真]=金田慎平

 日本代表DF長友佑都が1日、勝利を収めたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選のサウジアラビア代表戦を振り返り、周囲への感謝を口にした。

 1月27日に行われた中国戦後、交代出場したDF中山雄太の活躍もあり、そのパフォーマンスが批判の的となっていた長友だったが、サウジアラビア戦では攻守に渡って躍動し、チームの勝利に貢献する活躍を見せた。

 試合後、オンラインでのメディア対応に応じた長友は、「たくさんの批判をいただいたので、皆さんの批判が僕の心に火をつけてくれた。あらためて批判は自分にとってのガソリンであり、必要なものだと感じました。追い込まれれば追い込まれるほど、力を発揮できる」と続け、一連の批判がモチベーションになったことを強調した。

 その一方で、「たくさん批判をもらって、このままだと燃えてしまうので、今日だけでいいので称賛という名の水が欲しい(笑)。まだまだ自分はできると思うので」と笑顔を見せつつ、「W杯じゃないかと感じるくらいのプレッシャーでしたけど、それくらいの方がアドレナリンが出て体が動くなと思った。今後も自分がダメなときは大きな批判をして欲しいと思いますし、厳しい意見も必要だなと思います。暖かく応援してくれた方にも感謝したいですけど、批判によって僕の心に火をつけてくれた方々にも感謝したい」との思いも口にした。

 自身のプレーに関しては「W杯の時の緊張感と興奮を思い出しましたし、久しぶりに生きるか死ぬかだなと思っていた。今日できなければ僕自身、代表にいる意味がないと思っていたので、魂を込めて戦いましたし、自分でもびっくりするくらい魂の叫びが聞こえていました」と、背水の覚悟で試合に臨んでいたことを明かし、自身が高い位置を取れるようにサポートしてくれたチームメイトにも感謝しつつ、「左サイドが躍動するも停滞するも自分次第だと、あらためて思った。あれくらい攻守に躍動しないといけないし、それができないなら僕がいる意味がない」と、今後のさらなる活躍を誓っていた。

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
U−23日本代表を応援!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

SOCCERKING VIDEO