FOLLOW US

吉田麻也不在で遠藤航を主将に指名 森保監督「チームとしてもポジション的にも中心の選手」

中国戦でキャプテンを務める遠藤航 [写真]=Getty Images

 日本代表を率いる森保一監督が26日、翌日に控えるカタールW杯のアジア最終予選・中国代表の前日会見に出席し、明日のゲームキャプテンにMF遠藤航を指名したことを明かした。

 今回の日本代表は、センターバックとしてチームを支えてきたDF吉田麻也(サンプドリア)とDF富安健洋(アーセナル)の2人がケガにより招集外となっていることでも注目を集めているが、森保監督は「代わりに入る選手ということではなく、力を持った選手がピッチに立つ。普段から所属チームで存在感を発揮しているから代表に参加しているのであって、自信を持って思い切ってプレーしてもらいたい」と語り、新しくセンターバックを務めることになる選手たちに大きな期待を寄せた。

 また、吉田が務めてきたキャプテンとしての役割を遠藤に任せることを公表。DF長友佑都など経験豊富な選手がいる中での指名に関しては、「まずはチームの中心としてこれまでの活動の中でもプレーをしてきたこと。そして、ポジション的にも攻守のつなぎ役、左右のつなぎ役、チームの真ん中でプレーしていること」や「経験のある選手にも若手にも両方の層にコミュニケーションをとれる」といった観点から決めたことなどを明かした。

 そして、中国戦に向けては、「誰かが欠けたから戦力が落ちたではなく、いい選手がたくさんいるので、中国戦に向けてプレーできる選手でチーム一丸となって日本の総合力で勝利を掴みたい」と主張。ここまでチームを支えてきた主力不在という逆境を乗り越え、勝ち点3を掴みとることができるのか、森保ジャパンの総合力に注目だ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO