FOLLOW US

JFAとJリーグの連名で隔離期間短縮の嘆願書を政府に提出へ

JFA [写真]=Getty Images

 日本サッカー協会(JFA)の反町康治技術委員長が13日、技術委員会後に行われたメディア向けブリーフィングの中で、日本代表選手の隔離期間短縮などを求めて日本政府にJリーグの村井満チェアマンとJFAの田嶋幸三会長の連名で嘆願書を提出する意向を明かした。

 日本代表は今月末から来月頭にかけて、W杯アジア最終予選の中国戦(27日)とサウジアラビア戦(2月1日)に臨む(いずれも埼玉スタジアムで開催)予定だが、Jリーグのクラブから招集され、試合に出場した選手に関しては、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的に活動終了後14日間の隔離措置を政府から義務付けられている。

 該当する国内組の選手たちは代表選終了後もチームに復帰することができず、2月中旬に開幕を控えるクラブなどから反発する声があがっていた。これを受け、反町技術委員長は最終予選開催を許可してくれた政府に感謝の意を示しつつ、Jクラブの主張や要望にも理解を示し、「なるべく早く嘆願して良い方向にもっていきたい。活動後の対策を厳粛にやってきたことを評価していただき、変えていただければとは思っている」と述べ、これまでの実績を鑑みた柔軟な決断が下されることに期待を寄せた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO