FOLLOW US

ベトナムに辛勝、吉田麻也「もっと点が取れれば…」 オマーン戦は「ブラジルと戦うつもりで」

吉田麻也(写真は10月のオーストラリア戦)[写真]=金田慎平

 日本代表DF吉田麻也が、11日に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選・グループB第5節ベトナム戦を振り返った。

 日本代表は17分に伊東純也が先制点をマークしたものの、伊東の2点目がVARで取り消されるなど、追加点を奪うことができない。グループの最下位相手に辛くも1-0で勝ち切り、最終予選3勝目となった。

 キャプテンマークを巻いて完封勝利に貢献した吉田は、試合を振り返って次のようにコメント。コンディションや連携面に不安を抱える難しい状況のなか、最低限の結果を手にしたことを評価した。

「確実に勝ち点3を取りたい試合でした。まず勝ち点3を取れて非常によかったと思います。コンディションが悪かったり、移動が大変な中、みんながよく精一杯力を出し切った。もちろん課題もあって、追加点が取れなかったこと、セットプレーなんかはチャンスもあったので、もっと点が取れればよかったと思います。ベトナムも決して悪いチームではなかったですし、コンディションも僕たちより全然よかったと思うので、まずここでしっかりベトナムを叩けたたことはよかったと思います」

 また、伊東のゴールが取り消されたシーンについては、「田中選手がGKのブラインドになったということだったので。かなり時間がかかっていたので、このままいくと厳しいと思って話に行きましたけど、やっぱりダメでしたね。ただ、そこから焦れることなく我慢できたので、そこは評価できる部分だと思います」と語った。

 16日にはオマーン代表とのアウェイ戦。最終予選の初戦に黒星を喫した相手とのリベンジマッチに向けて、吉田は次のように意気込みを示した。

「次も確実に勝ち点3を取らなければいけない試合ですし、初戦のようなミスは許されないと思うので、ブラジルと戦うつもりで戦いたいと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO